塀に埋め込まれているポストを交換する

2012年11月10日

カテゴリー: リフォーム工事中現場ご紹介

■ 建築・リフォームは一つのモノを造るのに

多くの業者が携わります。

新築で言えば、基礎屋さんから始まり、水道電気ガス、

大工さん、左官屋さん、塗装屋さん・・・・・・

と、任された範囲の工事を専門職が実施するわけです。

稀に工事内容の中で、いったいこの工事は誰の仕事?

何種になるんやろか・・・

といった類の工事があります。

例えば、

こちらの塀に埋め込まれているポストを交換する

リフォームとは幸せを生み出すもの!

フェンスや門柱を取り扱う、エクステリア業者さん?

外回り全般を取り扱う外構屋さん?

それとも・・・・

僕?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

そうなんですよね。

エクステリア業者さんは、資材を届けてはくれますが取替までは

行わない。

職種で言えば、外構屋さんが一番近いんですが、

これ位の小工事は僕がこなします

まずは、お役御免の埋め込みポストを壊します

リフォームとは幸せを生み出すもの!

プラスチック製品であれば、バッキバキに割れていきます

この時、もし嫁と揉めておれば中々のストレス発散になります

『  Wwwww  』

って感じで、バールで一突き

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ふん、やったった嫁め ( *´艸`)

みたいにね。

なかなかキレイにとれるものでしょう?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

今も昔も、塀に埋め込まれているポストは、横39㎝縦19㎝になってます。

コンクリートブロックが、横40㎝縦20㎝なので丁度ブロック一枚分に

収まるようになってるってことです。

外した状態では、ギリギリなので廻りを少し削ってあげれば・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

新しいポストもばっちり収まります (^^)v

プチリフォームの部類に入るこちらの工事ですが、

その他のプチリフォームはこちらでも多数UPしています!

ダイケンリフォームサービスプチリフォームを見てみる。

 

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP