冬の寒さを軽減させるリフォーム商品・内窓

■ 住宅のリフォームは、四季によって問い合わせや実施する内容が

ちょっと変わってくると思います。

水廻りや全面改装などは、そんなにもシーズンは関係ないけど、

夏の暑さ・冬の寒さをリフォームで少しでも解消しよう。

そう思われる方は、少なくありません。

ということで、立冬の今日は

冬の寒さを軽減させるリフォーム商品

を紹介しますね。

それは、こちらの・・・ ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

内窓です。

写真は、僕の会社に展示している物。

展示用なので、和室用のサッシと洋室用のサッシを組み合わせてます。

内窓の理屈は至って簡単。

今ある窓の内側にもう一つ窓を付けるだけ。

額縁(窓の内側の木枠のこと)の奥行き寸法など、取り付け不可能な場合も

ありますが、僕の過去の経験上だいたいの窓に取り付け可能です。

寒さ対策で何故窓の話になるかと言えば、

リフォームとは幸せを生み出すもの!

画像は、リクシルHPより拝借。

住宅の室内で冬の暖房時 熱が逃げだす割合。

窓 48%

外壁 19%

換気 17%

床 10%

屋根 6%

という数値が出ているんですね、

夏の冷房時は、もっと数値が上がって窓から熱が入ってくる割合は71%。

ね?

住宅の中では窓から冷暖が逃げていき、

入ってくるんですよ。

だから、窓の改修は冷暖に効果テキメンってわけ。

ぢゃ内窓を付ければ、どうなるかと言えば・・・

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

サーモで計測、左が通常の窓で右が内窓を付けた後。

優れた断熱性で大きな効果を発揮します

冬に効果を発揮するのは、断熱性だけではなく、

こちらも効果大 ↓   ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

結露です。

僕も色んなお家を拝見しましたが、ひどいお家は木枠が腐食するほど。

内窓を取り付けて結露を軽減させる理由は、

今付いている窓と内窓として取り付けた間に、

新しい空気層が生まれます。

その空気層が室外と室内を

しっかり隔てる構造になります。

外気温の影響を受けにくくし、

結露の発生を抑えるってことです。

 

この商品は、腰窓(幅1m60㎝位・高さ1m位)サイズだと、

小1時間で取り付けも完了します。

実は、僕の家にも一台付けていますが、実体験からもこちらの内窓は

お勧めですね (^^)v

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP