耐震リフォーム枚方市 大建工業かべ大将

■ 今日もコンクリートと戯れてきました

リフォームとは幸せを生み出すもの!

週に一度はコンクリートに触れないとね

なんでやねん( ̄Д ̄)ノ

 

■ ぢゃ本題に。

現在リフォーム中の大東市N様邸。

着々と安全に進行しています。

今日は、設備機器のユニットバスが搬入据え付けられました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ユニットバスは据え付けられてから、間仕切り壁を造っていきますので

早い段階での施工が常です。

こちらのリフォームで採用した耐震部材があります。

大建工業の『かべ大将』という品。

過去、僕の会社でも多々扱ってきていますが、非常にお勧めです。

耐震補強をするのに必須とされてきた、

壁・天井・床の解体を必要とせず

補強面の壁のみで耐震性を

UPさせるという優れもの。

このように、壁面にメーカーが定めた規定の取り付け方法でOK。

リフォームとは幸せを生み出すもの!
(白い壁が耐震壁の『かべ大将』)

こちらの壁面で、国土交通大臣認定の壁倍率2.3倍になるんです。

壁倍率とは・・

建築構造物が地震力を受けた際に、構造物壁内で地震力を分担。

耐震的に効果があるよ。という壁体のこと。

ちなみに2.3倍という数値は、それぞれの壁体で決められた数値のこと。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

今回は耐震メインのリフォームではありませんが、

今後末永く住まう住居です。

いくらキレイになっても、安心して暮らせる家にしないとね。

耐震って騒がれているように思えますが、案外そうでもないんです。

先日、大阪府建築士会が主催する耐震診断の勉強会に行ってきましたが、

市が何割か負担する(各市により異なります)耐震診断の申し込み数も

びっくりするほど少なかったです。

やっぱり費用がかかる、というのが頭によぎってしまうんでしょうね。

でも、こちらのお家のように大がかりなリフォームをする前提であれば、

これは絶好のチャンスなんですよね。

もちろん、この『かべ大将』という部材も、結構な金額はします。

が、

解体費用や廃棄費用、貼り付け費用などは、

この部材を貼り付けるためだけに行うことと比べれば、

かなり安価で収まります。

何を重要視してリフォームするのか。

それは十人十色でしょうが、

住宅のリフォームは、ただキレイになるだけではなく

住まう人の安心も生み出せるもの!

なんですよね

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP