介護リフォーム枚方 車椅子用電動昇降機

■ 6歳の娘が、家にあるホワイトボードで

漢字の練習をしていたようです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ここには僕のフルネームが書かれてます

上野太一

僕の漢字って記憶によれば、小学校2年生までに全て習います。

簡単な名前やで・・・

 

■ ぢゃ本題に。

こればっかりやってます!

というほどの専門性はありませんが、

介護リフォームも僕の会社では扱っています。

先日、僕のお客さんから車椅子生活でのご相談がありました。

室内を車椅子で生活する時、全ての段差を取り払うことは必須ですが

外に出る時に戸建住宅では、大変支障になる部位があります。

そう、それは玄関ですね。

一般的な戸建て住宅の玄関は、土間から框まで10㎝~20㎝の段差が

あります。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

この段差を車椅子で、しかも一人で昇り降りするのは非常に困難です。

しかし、足腰だけが不自由で他には何も不自由がない。

そんな人は、一人で表に出ていきたい。

そう思われるはずですよね。

そんな時に一助できる商品があります。

それはこちら。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

車椅子用電動昇降機

近所に電気さえあれば設置可能です。

リモコンのように簡単な操作で、車椅子に乗ったまま昇降します。

もちろん、玄関土間と室内廊下床が上がることによって

バリアフリー化します。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

設置もわずか半日程度。

高い・安いの感覚は十人十色ですが、こちらの僕の会社での施工代金は

32万円也。

ちなみにリースという選択もあります。

我が家がキレイになって喜んでいただき、幸せを生み出すのも

リフォーム業者の使命ですが、困っている方にベストな商品や工事を提案し

日々の生活に支障がないようにしてもらう。

これも大事な住宅リフォームの使命なんですよね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP