リフォーム工事総合補償制度

■ 現在僕が抱えているリフォーム現場に

2件のマンション住宅があります。

多くのマンション住宅にお伺いしますが、どこでも築30年を超えると

非常によく耳にすることがあります。

それは、漏水事故。

給排水給湯配管の老朽化で、階下へ水漏れを引き起こします。

これは誰の責任でもなく、誰にも止めれない。

マンモスマンションになれば、建て替えも容易ではないので非常に深刻な

問題だと思います。

老朽化による水漏れであれば、誰も責めれないのですが

工事期間中の水漏れは業者の責任になりますよね。

例えば、キッチンやお風呂の工事中に階下へ漏水をさせてしまえば

大変なことになります。

もちろん、そのような工事をしないことが大前提ですが

万一起こしてしまった場合、僕たち業者が加入する工事保険があります。

それが、

工事総合補償制度。

上記で述べた水漏れはもちろんのこと、工事近隣の子供さんに資材などで

ケガを負わせたなど。

請けた会社に非がある場合、適用される保険になってます。

<当社はちなみに一億円の賠償責任保険に加入>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

この工事保険ね、入らずにリフォームを請け負う業者さんもいるんですよ。

これを怖いと受け止めるのか、事故があっても業者負担で修繕を行うのであれば

それでOKと受け止めるのか。

それは十人十色ですが、事故が大きければ大きいほど

未加入の場合心配ですよね。

だって処理せずに会社を潰せば、責任は誰に・・・?

無いことが大前提のことですが、リフォーム依頼先には最低限の補償制度に

加入しているのを確認した方が良いと思いますね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP