メンテナンスがしっかりしていてお客様目線の設備機器メーカー

■ この家具、欲しいなぁ・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

昨日、家族で大阪南港の大塚家具へ行ってきた。

この家具ね、鎖で吊り下がっていてユラユラ揺れるんです。

すごく心地よかったぁ

いつか買おっと。( *´艸`)

 

■ ぢゃ本題に。

年間何十台の便器を僕の会社は付けてるでしょうか。

数えたことないけど、結構な数になってると思います。

これは僕の私見ですが、

便器はTOTOが一番良いと思ってます。

TOTO以外で言えば、LIXIL(旧INAX)・Panasonic・タカラスタンダード

などなど他社からも発売されていますが、やっぱり水廻り機器は

TOTOがお勧めなんですよね。

僕たち業者がお勧めする理由の大きな一つ。

何だか分かります・・・?

それは、

メンテナンスのしっかりしている会社なんです。

例えば、機器に何らかの不具合があったとしますよね。

お客さんは、取り付けを実施した当社に問い合わせます。

僕たちで直せる部位なら良いですが、ほとんどが器具本体専分野の

場合が多い。

そんな時は、僕の会社からメーカーメンテナンスに依頼をするのですが、

その対応力がTOTOは他を秀でています。

誠実・スピード・料金

どれをとっても一番だといつも感じます。

そのTOTOへ追いつけ追い越せと(僕の私見ね)

最近、非常に対応がよくなってきたと感じる、LIXIL(旧INAX)

以前取り付けた便器から微量の漏水が発覚しました。

ほんの少しの漏水だったけど、最終的に便器の不具合を懸念し

メーカーへメンテナンス依頼し、便器を外して持って帰ってもらいました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

色んな検査をしてくれて、報告書を受け取りました。

ちょっと要する時間がかかりすぎな感じは否めませんが

誠実な対応だと感じましたね。

様々なメーカーさんがある中で、ようは何目線で全ての物事に対応

してくれるのか。

これが一番大事なんですよね。

何目線は、

もちろんお客様目線ね。

想いが共有できるメーカーさんを

僕たちは売っていきたいだけなんですよね。

リフォームとは、請け負う会社がいて協力業者とモノを造っていきます。

キッチンやバス、トイレなどは商社を通し各メーカーから購入する。

完成に至って引き渡し後でも、その不具合に関わった全ての業者が

誠実に対応する。

当たり前のことなんだけど、これがきっちりできてこそ。

なんですよね。

今日も応援のクリックをお願いします!

↓   ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP