コンスキー

2012年06月30日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ 商売柄、色んなお家にお邪魔しますが

色んなモデルルームにもお邪魔するんです。

先日、大阪市内で建築中の某タワーマンションのモデルルームに

行ってきました。

もちろん、仕事の打ち合わせでね。

最近のマンションは、ほんとすごいですよね~

一流ホテル顔負けって感じ。

この写真は、2LDKの一番小さいタイプのモデルルームですが ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

最上階のタイプは、すごかったですね。

すごすぎて写真撮るの忘れたけどね

料金も又すごい・・・

販売価格、2億700万ですって。

問い合わせ&来客も後を絶たず・・・

不況ぢゃないですよ日本は

ま、その700万ってなんやねん・・

お小遣いかっ ( ̄Д ̄)ノ

ってつっこんどいたけどね。

 

■ ぢゃ本題に。

リフォームで玄関の扉を変えることがありますよね。

玄関の扉を変えるということは、もちろん今までとは異なる玄関カギに

なるわけですが、特に新築などは玄関扉を付けてから結構な時間

工事中ですよね。

その間、玄関の鍵ってどうなっていると思います・・?

新築でもリフォームでも、完成すれば玄関の鍵がもらえますが

まさか、その鍵って工事期間中使用していた鍵なの・・?

とすれば、何か嫌な感じしません?

だって、疑えばキリがないけどいくらでもスペアキーを造れますよね。

あまり、ここまで突っ込んでくるお客さんも稀だけど、この玄関鍵の謎について

『 へぇ 』

って感心される人もいるので、ご説明すれば・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

コンスキー(工事中使用)

って書いてますよね。

この鍵と本鍵が玄関ドアには付いてきます。

そして、僕たち業者とリフォームであれば、工事期間中はお客さんも

このコンスキーを使います。

工事が終わり、本鍵の梱包を開けますよね。

そして、新しくなった玄関ドアに本鍵を差し込んで1度施錠してもらうんです。

するとね・・・

二度とコンスキーでは回らなくなるんですよ。

この時点で、コンスキーは只の鉄クズに変わるってこと。

非常に良く出来たシステムであり、ユーザー心理を解消してくれるアイデア

ですよね。

あ・

どうでもよかった・・・? ( *´艸`)

今日も応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “コンスキー”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    コンスキー勉強になりました。
    上野さん、いつもためになる情報ありがとうございます。
    コンスキーってでも何語なんでしょうか
    ロシア人の名前みたいですけど(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >「改善配達人」さん
    こんにちは~
    コンスキーはコンストラクションキーの略称なんですよ。
    ご意見、コメントは
    ブログ運営の励みになります!
    ありがとうございます!

PAGE TOP