『設備機器トイレ編』

■ 商売柄、よくお客さんに聞かれます。

「どこのトイレが良いんですか?」 とね

現在主流と言われているメーカーさんは、TOTO・INAX・パナソニック

この3種。その他もありますが、ここでの紹介はやめておきます。

まずはどこのメーカーがお勧めかと言えば・・・

各メーカー、これ良いなぁ~って思う機能や特徴がありますので

一番自分にあった機器を選んでいただいた方が良いと思います。

従って、各メーカーさんの特徴を紹介しますね。

 

〇 まずはTOTOから

洗浄水量は4.8ℓが基本になってます。

4.8ℓって?具体的にどないやねん。と思われますよね。

昔の便器で多い水量が13ℓタイプです。

この13ℓと4.8ℓでの差は、

1年間でお風呂浴槽約288杯分も節水できる。

と言われています。

288杯分ってどないやねん。と思われますよね。

金額にすれば、

年間約15.000円もお得になります(家庭によって誤差有り)

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<TOTOは便器メーカーの最先端を常に走ってると思います。

他メーカーさんを牽引する存在ですね>

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

便座はTOTOのウォシュレットがやはり人気。

ワンダーウェーブと言って、玉のような水がお尻を洗います。

これはすごく快適。

当社のお客様でも。TOTOウォシュレットから他メーカーには変えれない。

というくらいの方も居られますね。

ちなみに、『ウォシュレット』はTOTOの商標登録名ってご存知でしたか?

INAXだと、『シャワートイレ』 パナソニックは『温水洗浄便座』っていうんですよ。

<お尻を洗う水流がすごく快適なTOTOウォシュレット>

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

〇 次にINAX。

同じく節水タイプ5ℓや業界№1の4ℓなどを出しています。

INAXの最大の特徴と言えば、やはりこちら!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

便フタが、電動で上下します。

便フタが上がるから、どないやねん。と思われましたか?

思われたあなた!

あまりトイレ清掃の経験がありませんね?

そうです。

ここはすごく汚れが溜まる個所なので、上下しなければ清掃の際

便座をいちいち外したりと、非常に手間。

だからこのリフトアップは、

お掃除楽したい主婦にはとても画期的なんですね。

掃除するのが何で主婦やねんっ

だいいち、男子のおしっこが原因ちゃうんかいっ!オウ、兄ちゃん。

と、思われた大阪ナニワのお母さんには、超お勧めですね

      <電動でリフトアップする便座はとても掃除しやすい>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

あとはこのように、売れてんの?みたいな真っ黒便器や

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

レストルームも優雅にいきましょう。

みたいな、ミュージック流れます便器もあるよ。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

〇 最後にパナソニック。

皆様お馴染みになりましたか?『トイレがトイレをアラウーノね』

最大の特徴は、材質。

TOTO・INAXが採用している陶器ではなく

有機ガラス系の新素材を採用していること。

陶器に比べて非常に軽いので、実は僕達施工側からすれば一番扱いやすい。

そしてもう一つの大きな特徴は、洗浄の度便器を洗ってくれるということ。

これが、『トイレがトイレをアラウーノね』

       <洗浄の度、便器を洗うので常に泡だらけが特徴>

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

現在アラウーノは、TOTO・INAXに追いつけ追い越せと

すごい勢いで普及していますね。

ただ、僕の個人意見としては、アラウーノは2006年12月に発売されました。

便器の歴史としては僅かに5年なんですね。(TOTOは30年超)

この新素材、有機ガラスが10年、20年後どのようになっているか、

未知の段階なんですね。

これって結構不安要素でしょ。

ま、天下のパナソニックさん製品なので、大丈夫とは思いますけどね。

と、いうことで各メーカーさんによって良い所が一杯あるので、

デザインなども含め総合的な判断をお客さんには勧めています。

気になる金額は!

最安値;パナソニック

中間;INAX

最高値;TOTO

ですね。

こちらも当然、各機器のランクなどによって異なるので、あくまでも参考まで。

 

そして、メーカー問わずに僕が勧めることは・・・

 

◆ タンクレス便器を採用するべし

何故なら、少しでもトイレ空間を広くとれます。

そして、タンクレスにすれば手洗い器を別途取付ますが、

便器に付いているタンクで手を洗うのって、廻りに結構水が飛ぶでしょ?

 

◆ 便座は便フタ開閉ボタン付きリモコンタイプにするべし

何故なら、便フタを開閉するのに手を使わないで良いので、衛生的。

リモコンは単純にモダンだから・・・

 

◆ オート洗浄は幼児の居る家庭はよく考えて購入すべし

オート洗浄とは、人感になっていて勝手に水が流れるタイプね。

大人はいいです。でもご家庭の便器をオート洗浄にすれば、お子さんはきっと

便器は勝手に水が流れる。と理解して成長します。

昔、お客さんからこんな話しを聞いたことあります。

人様のお家に行って、トイレを借りた際流さずに出てきた。とね。

勝手に流れるんぢゃないの・・?って思っちゃうんですね。

 

        

<まとめ・こんなレストルーム空間がお勧め>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

        

<まとめ・こんなオープンレストルームはいかが?>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

用をたしてるとき、隣のチェアーに座ってる人から丸見えね。

どうですか?一言にトイレ、便器といっても色々あるでしょ?

毎日使うものだから、清潔に保てる機器を選びたいですね。

トイレリフォーム、当社にて過去扱った事例が多々UPされていますので

宜しければHPも御覧くださいね。気になる工事費コミの金額も記載しています。
ダイケンリフォームサービストイレリフォーム事例へ

 

最後までお付合いいただき、ありがとうございました。

あなた!の参考になれば嬉しいです。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP