ガスコンロからIH 電気配線について

■ 節電の夏、と言われていますがやっぱり人気なIHクッキングヒーター。

システムキッチンは、ビルトインされているコンロ機器は簡単に

取り外し可能です。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

こんな感じで、単純にはまってるだけという感じですね。↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ぢゃ、ガスコンロからIHに変える時、このままIHをはめたら終わり・・・?

と思われる方が結構おられますが、それはちょっと違うんですよね。

ビルトインのIHは、200Vの電気配線が必須です。

それだけ、電気容量が大きいってことです。

最近(ここ10年位かな?)の新築は、例えばガスコンロで行っても

将来IHに簡易に替えれるように、ご丁寧にコンロ裏に200V配線を

引き込んでくれている場合もあります。

そのようなお家であれば、何も苦労はしないのですが

配線がきてなければ、持ってこないといけませんよね。

キッチン室のクロスや床を張り替える工事が付帯していれば、配線を壁内に

隠蔽できるんですが、機器の取替だとどうやって配線を持ってくるのか。

これが、非常に重要になってきます。

分電盤からIHまで、いかにして配線を持ってくるか。

配線を完全に見せて施すのは、非常に簡単ですが

せっかくなら、ちょっとでも隠蔽したいですよね。

そのために、分電盤がある場所に天井点検口を設けたり

何とか、見栄えも良いように考えていきます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

先日実施した取り替え、何とか天井内部へは配線を隠蔽させてここまで

持ってくることができました。

この下に、IHがあるわけですが、さすがにここで限界・・・

お客様にはご了承の上、キッチンの壁タイルとクロスとの見切り部分へ

配線をモールで隠して無事終わりました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

これは、正直言って非常に面倒な工事なんです。

電気屋さんによっては、無理ですの一点張りでオール配線露出で

実施される方もいるかと思います。

でもね・・・

せっかく機器が新しくなって、キッチン作業率が向上してるんですから。

廻りの見栄えも最重要だと僕は感じますね。

だから、僕のこの想いを分かっている当社の電気屋さんは見るなり

いかにして、配線を隠すか。

これを一所懸命に考えてくれます。

ありがたいことですよ。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP