銅管のピンホール

■ もし!

宅内の水道管が漏れていた場合、

分かりやすく発覚するのは、マンション? or 一戸建て?

正解は・・・

マンションです。

何故なら、マンション住宅の多くはコンクリートの上

に直接フローリングやカーペットで仕上がっているでしょう?

だから、階下へ漏水するのを多少防いでいます。

その分、自分の家の漏水を

見つけるのが容易ってことです。

逆に一戸建ては、漏水しても床下へ流れ込みますので

見つけにくいってことです。(1階水廻りの場合)

何故か、マンション室内の廊下カーペットが濡れている。

一度見に来てほしいと言われ、過去実施したマンション漏水調査。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

触ると濡れているのが分かるほどでした。

原因を追究すべく、周辺の水廻り設備を見ていきます。

場所的に怪しかったのは、隣室の洗面所。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

漏水調査では、まずは非破壊で目視できる箇所から潰していきます。

できるだけ後の修繕をしないようにするためですね。

例えば、洗濯パンの下とか。

洗濯パンは簡単に脱着が可能で、外せば配管の繋ぎの事情で

床に穴が開いている場合が多いです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

確実に床下で漏水しています。

雑巾で拭きとってもすぐにどこからか水が溜まってきます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

洗濯の排水でもない、洗濯の給水でもない。

もう少し奥から水が廻ってきていると判断すれば、

後の修繕は必須と判断し、お客さんにも承諾の上、

目視できるように床を一部めくります。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

そしてだんだんと見えてきます。

どこから水が廻ってきているのかってことが。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

静か~に見守れば、水の流れが微妙に分かるんですよ。

そして確信に至ったのは、ユニットバスの下部。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

給湯の配管は昔多く採用されてきた銅管。

保温チューブをめくれば、びちょびちょに濡れていました。

これで発覚。

原因は、銅管のピンホールでした。

銅管のピンホールとは、孔食と言って金属表面で起こる局部腐食のこと。

銅管の表面に小さな孔(ピット)ができてしまうんです。

簡単に言えば、長年の使用で給湯配管である銅管が

目で確認できない位、小さい小さい穴が開いてしまい

そこから漏水するってことです。

一度漏れれば、元から止めないと24時間365日漏れっぱなしです。

非常にやっかいな問題ですが、

そんなん稀でしょ?

って思ってる人が多いけど、新築後15年ほど経過したマンションの多くに

同じ事例があちこちあるんですよ。

僕も多数経験していますし、マンションによっては水廻りをリフォームする時は

銅管の配管もやり直してください。

こういうふうに管理組合さんから指示される場合も多いんです。

ま、指示されなくても良心的な会社であれば、銅管は一切使用しないけどね。

あ、ここで言う良心的な会社とは、僕の会社のことね ( *´艸`)

そういうふうに指示されるマンションでは、

おそらく、銅管のピンホールで漏水した事例が多々あったんでしょう。

そして今の給湯配管は、

合成樹脂管が主流になってきています。

誰の責任でもないかもしれませんが、マンションであれば階下への被害も

考えられ、一戸建てであれば躯体の腐食を速めてしまう漏水。

非常に怖いですよね。

だから、水廻りをリフォームする時は、マンション・戸建に関わらず

業者にこう言った方がいいです。

『給湯管がもし銅管だった場合は、合成樹脂管にやり変えてください』

『できればポリブデンでお願い』

てね。

業者によっては、漏れませんよ。などとそのまま銅管で実施する場合も

あるからね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP