過去の事例を基に、概算を見積もる。

■ 住宅のリフォームとは、現状・サイズ・構造などで

各家庭によってその金額が大幅に変わる場合があります。

定価がない業界と言われています。

例えば、お風呂をリフォームしたい。

そう思い、あるリフォーム会社で電話したとしますね。

おそらく90%超の会社が、こう言うはずです。

『現状を見ないと何とも言えません』

てね。

正直僕も、このセリフを言ってしまうこともあります。

でも、極力概算でもいいから回答するように心がけています。

お客さんの側に立てば、見に来てもらって断るのも嫌だし

概算でもいいから教えてくれてもええやん・・・

という心の声が聞こえるからね。

 

だから僕は常に、まだ見ぬお客さん複数と常にメールでやりとりしています。

これはお客さんに役立ってもらうことが、何より一番ですが

複数やりとりしていれば、ふと気づくことがあるんですよね。

それは、僕自身もすごく勉強になるってことを。

現場はまだ見ぬ状況で、写真や手書きの図面など

いわゆる建築素人の方々から頂戴する資料だけです。

その中で現状を推理するレベルの時もある。

そして、何より一番気にしているのは、まだ見ぬ段階で概算を出したとしますよね。

それが、50万だったとします。

思った以上に安価なので、見に来てコールを頂戴し、

実際に見てから数十万オーバーすれば、どう思います?

僕なら、単純にめっちゃむかつきます

おまえそれでもプロかっ

って思います。

だから中途半端な気持ちで取り組めば、マイナスイメージでしかありません。

まだ見ぬ現場をイメージし、想定できる項目をお伝えし

過去の事例を基に、概算を見積もる。

これが結構勉強になるんですよね。

名探偵みたいでしょ

違うね、ごめん・・・

そして、最近やりとりした事例で浴室リフォームのご相談がありました。

お風呂のリフォームって、概算でも非常に出しやすいんです。

今のお風呂内部の寸法さえ聞けば、タイル張りからユニットバスへ

リフォーム希望がほとんどなので、1216サイズでメーカーはこちら

¥650.000です。

何て即答できる場合が多いです。

だから、お風呂やキッチン、トイレなどはよくリフォーム会社のチラシでも

パック料金○○円、とかいって謳ってるでしょ。

しかし今回はちょっと事情が違った問い合わせでした。

まずサイズ。

最少タイプのユニットが収まるか?収まらないか?微妙な内寸。

メーカーへ寸法を問い合わせ、収まる最少寸法を再確認したり結構大変でした。

でもこれもやっぱり勉強になるんですよね。

僕が下した結論は、ユニットバス不可。

在来工法(タイル張りの浴室のこと)での概算を提示しました。

在来工法でも、タイル種や範囲で結構変わってくるんで

今回は中々手こずりましたね。

<当社事例・在来工法浴室改修工事>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

上の事例は、タイルの上からタイルを張り付ける工法

タイルONタイル工法と言って、比較的安価で収まるやり方です。

ちなみに、上写真で30万ちょっと。

給湯器は現状を再利用していますので、追い炊き付きの給湯器や

諸経費などを入れれば50万位ですね。

他にも色んな工法や、更に減額する案など

今現在僕が持っている知識をフルに使って、提案していきます。

たまには、ナッガイメールやな・・・

と思われることもあるでしょう

 

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP