企業のリフォームで最も大事なことは会社の利益に貢献すること

■ 僕の会社、(有)ダイケンリフォームサービス

受注の約60%が一般家庭のお家。

約20%が店舗で約20%が企業さん。

その年度によって多少の誤差はありますが、割合はこんな感じです。

一般家庭だと、例えばホームエレベーター設置からちょっとした水漏れ。

2000万を超える大型リフォームなど、手がけたリフォームは無い

と言っていいほど経験をさせていただいています。

そして、比較的割合の少ない企業のリフォーム。

いわゆるオフィスのリフォームですね。

ま、基本やることは同じなので困ってしまうようなことはありませんが、

一般家庭では中々実施することが少ないリフォームをさせていただく

場合があります。

大阪府大東市に本社を構え、全国津々浦々に営業所を配置する

法人企業さん。

工場でモノつくりをする時に、快適に且つ作業効率を向上させる

作業台の制作依頼がありました。

おおまかなデザイン案を煮詰めて、ご提案した3DCGパース↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

これらの工事の類は、別注家具工事という業種になります。

ただ、

別注家具って高いんですよね。

クライアントの社長から、そこまでのクオリティを求めないのでやってほしいという

ご依頼に、ありがたく請けさせていただきました。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

台数は20数台。

こうやって見るとおもちゃみたいですね・・・

企業のリフォームでもやっていていつも思うんです。

一般のお家のリフォームは、住まう人のことを全力で考えて

プロとしての意見や間取りの提案をします。

リフォームが終われば、キレイになったお家で家族のストーリーを築いていただき

幸せが生まれるわけですが、

企業は会社ですよね。そこで住むわけぢゃない。

企業のリフォームで僕が思う一番大切なことは・・・

会社の利益に貢献すること。

これに尽きると思うんですよね。

経営者なら、費やした経費を上回る利益を見込みます。

それが実現できなければ、会社なんて存続できませんよね。

だから僕たちリフォーム業者は、クライアントの望むこと以上を提案し実行する。

結果、少しでも稼働率や従業員さんのモチベーションが上がれば

企業としての幸せが生まれる。

と思うんですよね。

完成品はこちら ↓

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

左の扉には、作業指示書を常に掲示したい要望に

コルクボードを提案。

右扉には、作業道具を引っ掻けるために、メッシュにて仕上げ。

固定された場所で作業はしないので、キャスター付き&3m巻の

コンセント式照明器具。

などなど、細かいことかもしれませんが、

実際に作業する様を見せていただき、

会社の利益に貢献することを胸に刻めば

僕たちリフォーム業者が提案できることって、あると思うんですよね。

一般家庭でも、店舗でも、企業さんでも・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ですからね~

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP