家屋散水調査

2012年03月30日

カテゴリー: 住まいの天敵雨漏り

■ 建造物の大敵 『雨漏り』

建物は一生物ではありませんよね。

メンテナンスの放置で、経年していく建物は稀に雨漏りという

症状を引き起こします。

そして、それを解消するのが僕の仕事。

頻繁にどこから漏れているのか、全く分からない。

一度プロの目から判断してほしい。

こういう依頼があります。

確かに雨漏りって、例えばサッシの上枠から漏水していても

サッシの不具合とは限らない。

そんな時に僕たち業者が実施するのが、

雨漏り診断散水調査。

ま・簡単に言えばピンポイントで水をかけるだけですが・・・

しかし!

この作業は根気と躯体構造を理解している多少の知識も必要なんです。

単純に付近に水をかければ良いってもんぢゃない。

という訳で、本日ご依頼のあったお客様宅へ散水調査に行ってきました。

用意していくのは、水ホース。

30m巻

リフォームとは幸せを生み出すもの!

脚立。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

これが結構便利な、伸び縮み簡単な伸縮棒。

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

そして調査開始。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

あ・行ったのはもちろん僕ね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

雨漏りの調査で非常に大事なことがあります。

それは、一切の先入観を捨て去ること。

僕たちプロは、構造を理解しているからこそ

ここは絶対違うで・・

こんなとこから漏れないでしょう・・・

と、ある意味知識や経験があるからこそ、その知識や経験が

柔軟な思考の邪魔をしてしまう場合があります。

哀しいかな建築業者によっては、常識を逸脱した施工方法をしている

場合もある。

こんな時は、非常識な雨漏りの仕方をするってことです。

だから、可能性があるところは全て検査していきます。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

そして、もう一つ大事なのは

必ず下から順番に調査すること。

これは至って簡単な理由で、水は必ず上から下にいくからですね。

一つのポイントで、最低10分程度は結構な水を散水します。

写真を見てお分かりのように、無人で可能なやり方をしていますので

散水中は、実は僕は結構ひま・・・・

だ・か・ら

『上野さん焼き芋でも食べて~』

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

と、お茶菓子いただいたりして・・・

なんてことをしている間に、実際の雨漏りが再現されます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

宅内に雨漏りが発生しました。

これで場所の特定ができたってことです。

ここまでで、2時間位かかるんですよ。

そして、実際に雨漏りを引き起こした部位はここ ↓

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

下屋根の壁際板金部分ですね。

結果論ですが、一番可能性が濃いと思っていた場所です。

でも、ここを一番先に行っていれば下の状況が不明になってしまいます。

例えば、ここで雨漏りしていても下部分で更に漏れている場合もある。

雨漏りは一か所とは限らないってことですね。

こんなにも離れているところからの雨漏りでした ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

後は後日、調査報告書と共に改修見積をご提出。

実際に提案通りに工事されるかは、お客様次第ってことですね。

家屋の寿命を縮めかねない雨漏り。

宅内に生じた時は、

結構な進行状況なので極力早めの対処をすること、お勧めしますね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP