グラフィアートスーパーファイン

■ 先日リピーターのお客さんからの依頼で

トイレをリフォームしました。

その時に採用した床材(フローリング)

大建工業の

グラフィアートスーパーファイン

トイレや洗面、キッチンは水気があるのでフローリングより

ビニール系の床材を用いる場合が多いです。

新築建売などは高い確率でクッションフロアで仕上がっていますね。

ビニール系にはビニール系の良さがありますが、

ちょっと豪華さに欠ける。と感じたことのある人は

グラフィアートスーパーファインとてもおススメです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

特徴は、とにかく木質系に見えない光沢。

大理石を張った感じにも映ります。

合板の上から特殊オレフィンシートが張ってあり、

スーパーファインコート(厚膜強化UV塗装)で仕上がっています。

1尺(30㎝)の幅に溝がないので、大判サイズで仕上がりモダンな印象。

とにかく鏡面仕上げで豪華さを強調したいお部屋に最適です。

そして、目地が少なく鏡面で仕上がっているので、

とても清掃性が良いことが特徴。

クッションフロアはどうしてもこびりついた汚れが付着しやすく

清掃面ではお勧めできないんですよね。

僕も個人的にすごく気に入ってます。

では、当社にて実際にグラフィアートスーパーファイン

採用したリフォーム事例を一部紹介しますね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

普通のフローリングやクッションフロアに比べると高値なので

キッチン室や洗面、トイレなどあまり大きくない空間で採用することを

おススメします。

床材の選定で、お部屋のイメージはすごく変わりますからね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP