お客さんにとって役に立つ業者でありたい 

2012年02月25日

カテゴリー: 経営に関して思うこと

■ 娘が通う幼稚園、一般的に土日祝日がお休みの親御さん達。

だから、土曜日に親も一緒に参加するイベントや

集まりを実施される時があります。

困るんですよね。

僕、土曜日仕事だから。

今日も午前中、親子体操教室というのがありました。

 

困るんですよね。

僕、土曜日仕事だから。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ま・

仕事サボって

行ってきたけどね。

( *´艸`)

 

■ さて本題に。

今日は昼から(あ、午前中は電話も出れないほど忙しかったんで・・)

かれこれ8年位のお付き合いのお客さんの家に行ってきました。

寝屋川市のKさん。

8年って、長いですよね。

ありがたいものです。

先日引き上げた畳の搬入と

リフォームとは幸せを生み出すもの!

玄関のシリンダー(鍵部分)の交換に。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ちなみに僕が替えたわけぢゃなく、畳屋さんと金物屋さんの立ち会いね。

この玄関錠、20年は使用されています。

この手のご依頼、結構多いんですよね。

何となく鍵がかかりにくい・・

ドアが閉まりにくい・・

というお悩み。

玄関の扉ごと取り替えないとダメ・・

と思っている人も多い。

でもその心配は無用。

あまりに古いタイプを除き、

だいたいの品はシリンダー(鍵部分)の取り替えで

OKなんですね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

今回のご相談は、古くなった畳の新調がメインでしたが

ついでの相談として、玄関扉のお話を伺いました。

なかなか一般の方が、ホームセンターなどで取り替え品を選ぼうとしても

難しいんですよね。

色んな形があって、適合する品を選定するのが大変です。

そんなお客さんに変わって、取り替え可能な品を探し金物屋さんに依頼する。

これが僕の仕事です

今日が終わって、すごく感じたことがある。

それはね・・・

いつまでも、

娘の為に仕事をサボってでも行事に参加したいと思いましたね。

 

 

基・・・・

 

いつまでも、

どんな小さなことでもお客さんにとって

役に立つ業者でありたい 

と思いましたね。

 

今日も!応援の!クリックを!お願い!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP