見積以外の追加工事は、聞く・見る・聞く・書く

■ 住宅のリフォームはフタを開けないと分からない。

工事が始まってから見積以外の追加工事を請求された。

これは支払うべきものなのか。

何て事を相談される方が多い。

と、

住宅リフォーム紛争支援処理センターが言ってた。

ので、

記事にしよっと。  ̄ー ̄)

 

まず、フタを開けないと分からないのは一理あると思うんです。

例えば、タイル貼りのお風呂をユニットバスにリフォームしよう。

と、思ったとします。

業者もある程度決まり、お家を見に来てもらった。

後日、業者からの見積書が届き総合計金額は80万円だった。

その商品・工事代金・工事内容・業者の質、

全てを検討しここに頼もうと決めた。

で、工事請負契約を締結し、工事に取り掛かれば・・・

IMG_7649

ヮ(゚д゚)ォ!

と言ってしまう位に、腐食があった。

これはちょっと、土台を取り替えたり、シロアリ駆除剤を散布したりで

見積以外のウン十万円が要りますね。

というのが、

フタを開けないと分からないから追加工事になるよversion。

 

確かにこれは事前に分からない場合が多い。

でもそれは・・・・

依頼者であるお客さんだけです。

僕たちリフォームのプロは、

過去お風呂のリフォームを数えきれない位に経験してますよね。

ぢゃ、過去の経験から万一こういう場合もあるよ。

と、事前の説明ができるんですよ。

だから依頼者は、その話を事前に聞けるです。

これがタイトル始めの聞くの部分ね。

 
IMG_7646

そして実際にこういう事態になってしまっている部位を

必ず自身の目で見ることです。

これがタイトルの二番目の見る。

 

稀に、宜しくない業者は勝手な判断で、クライアントに見せもせず

改修手直しを実施し、終わってから請求だけをしてくる。

いやいやいや・・・どんなんか見せてからやってや。Σ( ̄ロ ̄lll)

ってもちろん思いますよね。

だから見ることはとても重要。

 

そして、その部位を見ながら業者の意見を聞く。

これがタイトル三番目の聞く。

例えば、一番初めの部分を聞けてなかったとしますよね。

聞いてない状態で、二番目の見るという行為をした場合、

普通ならこう思うよね。

● あ・ほんまひどいねー

● ぢゃ宜しくー

てね。

そう、だって初めに聞いてないんだから、見積に入ってるんでしょ?

と思って当然ってことです。

浴室改修工事云々かんぬんって書いてあっても建築用語が飛び交う書面を

一から十まで理解するのは難しいでしょ。

だから一般の方からすれば、

こういう事態になることを想定し工事見積もり書を発行してるんでしょ?

と思うのが正解ってわけね。

 

逆に、こういう話を聞いておけばどうですか?

本工事は目に見えない部位も含まれるために

見積工事内容に変更・追加が生じる可能性があります。

例えば、浴室内の木部の腐食で取り替える工事や

白蟻を見つけて放置できないので、報告し駆除剤を散布する追加工事など。

そして、万一そのようなことが起こってしまった時は、

土台の取替で、〇〇万円。

白蟻駆除散布工事で、〇〇万円の追加費用が発生しますので、

その旨どうぞご了承くださいね。

─☆*:;。(○`・∀´・)ゞ 超納得ー

って思いますよね。

 

あ・アメブロで気にいってた絵文字が使えなくなったので、

なんかヘンテコリンなカオモジを多用してすみません。

マッタクゥ… 川・´ω`・川 (;_;)ゴメンチャ

Image12

そして最後は、見積以外の工事代金が生じてしまったことに

納得して工事内容変更合意書にサインをする。

これがタイトル最後の書くということです。

リフォームは業者によって、

このような書面も発行しない会社もあると思います。

そして、会社によっては行う前からありとあらゆることを想定し

お客さんから発する追加以外は追加工事としないことを前提にした

真のプロフェッショナルな業者で、且つ代表者のブログが超面白く、

常に関わったリフォームで幸せを生み出している

ナイスガイが経営している会社もあります。

 

(・ω≦) テヘペロ

 

(=^・^=)・・・・・

この問題をリフォーム前にクリアにしておくことは

何も難しいことでもないし、

何か嫌味なことでもないと思います。

単純に、

見積以外の追加工事は発生しないですかねー?

もしこんなことが想定できます、

何てことがあったら事前に教えといてくださいねー

で、その部位を見せていただき、

きちんと書面に残しておくような書類はありますかー

と、聞けばいいだけです。

 

一つでも言葉に詰まりや書類の用意がない会社は、

あくまで業者の都合である、フタを開けないと分からないという

勝手に安くなる方法だけを提示し見積、契約をする。

後は、壊してみないと分からないですね。

という考え方をしてるのかもしれません。

__

 

大金を費やす大事なお家のリフォームです。

いい加減な業者を見抜いてくださいねー

 

(=^・ェ・^=))ノ彡☆

シッポフリフリバイバイ♪

 

カオモジしつこいっちゅうねん。

 

今日も応援のクリックを!!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

4 Responses to “見積以外の追加工事は、聞く・見る・聞く・書く”

  1. yucchi より:

    ナ…
    ナイスガイ…⁉︎

    あ、ブログお引越し、おめでとうございます〜(⌒▽⌒)

    • 上野太一 上野太一 より:

      なんなん。ちょっとyucchi姉やんは東日本1の美人やから言うて、小馬鹿にしてんの?
      ( ^ω^ )カッカッカッカッカ
      あ、今、伊勢志摩に旅行に来てんねんー( ^ω^ )
      テレビもないキャンプ地やから、携帯いじってた、コメントにすぐ反応できたわー( ^ω^ )
      カッカッカッカッカ( ^ω^ )

  2. アルゼンチンタンゴ より:

    ちょっと考えてみればわかることかもしれないけど、
    何をするにも良く勉強しないといけませんね。

    私だったら、改装・改築をするとなると、することに舞い上がって
    しまって突っ込んで色々と考えることもしないだろうし、
    気も付かないと思います。

    勉強になります!!
    まあこちらのひどい業者の色々も見てきましたが・・・・

    • 上野太一 上野太一 より:

      タンゴさんは大丈夫。
      僕がいるからー( ^ω^ )
      カッカッカッカッカ( ^ω^ )

PAGE TOP