リフォーム工事請負契約書

■ 土曜日ですね。僕はもちろん仕事です

今日は、当社のHP をご覧いただき初めてご依頼をいただける

お客様との契約が二件ありました。

枚方市と守口市。

両方、2日~3日で終了するリフォーム内容ですが

ご依頼に感謝です。

さて、契約繋がりで少しお話を。

リフォームに着手する場合、

工事請負契約書というモノを取り交わします。

でもこの契約書、別に交わさなくてもいいんですよね。

例えば、国土交通省などから絶対に交わしなさいといった通告なんかも

ないんですよね。

 

{当社の請負契約書}

リフォームとは幸せを生み出すもの!

実は、僕もこの契約書を交わさなくて工事を行う場合もあります。

とりあえず、みたいに交わすことの方がもちろん多いですが、

特に2度・3度とご依頼をいただく、リピーターの人には書いてもらった

ことがないんですよね。

そもそも契約書って何のタメにあると思います・・?

ブログなので、基本思ったことをストレートに書きますが

僕が思うに・・・

揉めた時用

信用性

ユーザーを信用できないとき・業者が信用できないとき。

だと思うんですよね。

だから、基本あんまり必要ないかな~って勝手に思うことが多い。

だって、リフォームで揉める時は見積通りの施工ができていない時や

リフォーム後に生じる不具合ですよね。

そんな事は、当たり前に工事していれば起こらないし

リフォーム後もメンテナンスを当たり前に実施していれば、

お客さんと揉めることはないですよ。

僕たちがユーザーさんを信用できない時は、工事なんて請け負わないし

ユーザーさんが、僕たち業者を信用できない時は、依頼なんてしませんよね。

だから、基本契約書って要らねぇって勝手に思ってます。

真面目に、本当にユーザー目線でリフォームをしている同業者さんも

多分、同じことを思ってると思いますね。

でも初めてのご依頼のお客さんには、

そうも簡単に100%の信頼って得れないので、

一応書面にしておきますね。

という程度で取り交わします。

昔、契約書の約款などを企業に提供している仕事をしている人から

リフォームの依頼を受けたことがあります。

その時に、

『契約書はありますか?

その契約の約款を見せてください。』

と言われた時に、

『そんなん要ります?』

って言っちゃったことがある・・

でも、その人に笑って言われました。

『上野さんは揉めたことがないんですね。』

ぢゃリフォームお願いしますね。

と。

こういうことだと僕は思いますね。

人と人が信頼していれば、紙(契約書)なんて要りませんよ。

ハートツーハート ( *´艸`)

でも、会社として無ければ恥ずべきことなので

約款も一応あります。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

もし!

僕のことが全く信用できない。

この会社は大丈夫か?

と、思った人にお渡しします。

(ね?何かギスギスするでしょ・・?)( *´艸`)

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP