■ あなたはリフォームする時に何を重視しますか?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

十人十色の意見ありますよね。

 

@接客の態度?

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

@コスト?



リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

@デザイン?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

@それとも・・・・僕?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

(●´ω`●)ゞ しつれい・・・

過去3年以内にリフォームを経験した300人の方からとった

アンケートがあります。(ある調査会社さん)

僕は結構興味深かったですね。

複数回答可能なご意見で、11の項目が出ています。

ぢゃ早速紹介しますね。

11位 デザイン 約11%

10位 工事現場の清掃や防犯 約27%

9位 工事現場の雰囲気 約28%

8位 企画・提案力 約29%

7位 アフターサービス 約30%

6位 近隣住民への配慮 約34%

5位 事後に不具合が生じないこと 約37%

4位 工期や作業時間 約43%

3位 コスト管理・価格 約48%

2位 説明の丁寧さ 約49%

 

そして、堂々の第位は・・・


接客の態度 約52%

 

なるほどね~

私見ですが、思ったことは・・・

1位~3位のトップ3は、建築リフォーム業界に関わらずの意見だったこと。

やっぱり、ユーザーが求めていることって人として当たり前のことを望んでいると

感じましたね。

このアンケートでもっと興味深かったのが、同じ意見を僕たち業者はどの順位に

位置付けているかってこと。

同じ選択肢で質問し、ユーザーが重視すると想定するものを挙げてほしい

という問いに、

例えば、

ユーザーの第三位『コスト管理・価格』は提案する僕たち業者の

圧倒的№1なんですね。

その割合は何と74%の意見。

そして、

ユーザーがあんまり重要視していない第8位の『企画・提案力』は

第二位で59%。

ユーザー最下位の『デザイン』なんかは、第4位で30%の意見。

この表を見れば、いかにユーザーと業者が重視する点がずれているのが

よく分かります。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

これは僕にも多少言えることですが、

やっぱり業者とはこういう風に思ってるんでしょうね。

リフォームを受注するためには、まずコストである。

そして、企画提案を差別化する。

且つ、デザインで他社に勝ること。

確かに。

間違ってはいないと思います。

でも、ユーザーが重要視していることは・・・

それ以前に、

接客の態度を向上し素人にも分かる丁寧な説明を求めているんですよね。

デザインなんか、どうでもいいレベルです。

ニーズを読み取り自社の営業に約立たせたいと感じましたね。

ま・一番は・・・

丁寧で、ユーザーの側に立った接客をし建築素人にもよく分かる説明を

実施して、最大限のコストパフォーマンスを検討し工期や作業時間を

厳守し、事後に不具合が出るような施工はせず

工事前には近隣への配慮を忘れず、挨拶を実施し工事が終わってからでも

アフターサービスを怠らず、見積もりに関してはプロとしての企画・提案力を

発揮し、工事中の現場は真剣に時には和気藹々として、清掃や防犯面を

必ず実施してデザインにも少し凝ってみる。

ってことですね。

でも、こう書いてみると・・・

僕の会社で、ご満足を得ていただいたリフォームって

この一連の流れを実施できた場合が多いかも。

どんな仕事でも、顧客満足度100%を得ることは大変ってことですね。

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

2 Responses to “堂々の第1位は・・・”

  1. 藤阪のおばはんです より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この間、家具屋さんを何軒か回りました。
    その時感じたのが、お客様の立場で、その家具の特徴や、高い物だけを勧めず、お客様にあった提案をしてくれました。他の、お店では、家具のサイズを言えば、ただ、そのサイズのものと値段だけを言い、ただついて回るだけ。そそくさと出て来ました。もちろん、丁寧に親身になって聞いてくださった店員さんの名刺は貰って帰りました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >藤阪のおばはんですさん
    どこの業界でも同じですね。商売目線なのかお客様目線なのか、接すればその人の持つ雰囲気や対応で分かりますよね。
    いつも、ありがとうございます!

PAGE TOP