『内装建材床編』

十数年この業界(リフォーム)に携われば、色んな建材を扱います。

キッチンやお風呂など各水廻りはもちろん、壁材や屋根材に至るまで。

僕が過去行ったリフォームで、

「これ、良いなぁ~」と思ったものを紹介しますね。

今日は内装建材の床に関して。

一般住宅で、ほぼ100%に近いラインで採用される床は?

もちろん、フローリングですね。

他にもタイルや大理石、ビニール系と多々ありますが、

今回は床フローリングのお勧め。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

上の写真、フローリング目地幅が広いのがお分かりでしょうか?

フローリング材とは、30.3cmの横幅で構成されています。

昔のフローリングはこの30.3cm間に3本の縦溝がありました。

こういうタイプね↓
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

今ほとんどが、1本目地の広幅タイプが主流になってます。

専門用語で5寸幅フロアとも言います。

そして、こういう床材もあります↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

大建工業さんが出している、『グラフィアートスーパーファイン』

大理石柄やヘアライン柄を表現したフロアー。

モダンなリビングのほかに、水に強いのでトイレ・洗面室にもおすすめです。

特徴はツルツルで、横目地がありません。

非常にゴージャスに仕上がりますね。

ただ、LDKなどに敷く時は、寒々しいので床暖房を完備することをお勧めしますね。

そして、僕がこの床良いなぁ~と思うのは ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

メーカー問わずに 『天然木の床材』

そもそも天然木の普通のフローリングって何が違う?という方に簡単に。

天然木とは、読んで字の如く天然の木です。継ぎ足したり加工したりと、

人の手があまり加わっていないということ。

天然木の説明より、

普通フローリングの説明をした方が分かりやすいかもしれません。

普通フローリングとは、

合板フロアとも呼ばれ、木材を加工し専用に作られた合板に、簡単に言えば

木目調のシート(すごく薄いですよ)を表面に張っているんですね。

従って、見た目木目ですが、実際には作り物の木目ということ。

これ、何が違うと思いますか?

見ためはほぼ同じですが、裸足で歩いたときに全然違います。

天然木フロアは、踏み心地が断然良い!

やはり僕がリフォームや新築を建てる時には、LDKには天然木フロア。

各洋室は合板フロア(だって、天然木めっちゃ高いもん)

トイレ、洗面の水廻りはグラフィアートスーパーファイン。

これで決まりですね。

次は内装建材の壁、やります。

↓一口に床と言えど、色々あるでしょ?ポチポチ願う↓
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP