ダイノックシート

■ 建築資材で

ダイノックシートと言われるモノがあります。

ダイノックシートとは?
木や石などの素材に近づけた硬質塩ビタックシートで、
粘着剤付きの印刷化粧フィルムのこと。

 

何のこっちゃねん!

という方へ。こんな資材のこと

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

ま・死ぬほど簡単に言えば・・

超キレイな建築資材用シールですね・・

ちなみにダイノックシートとは、

住友3M社の商品名でサンゲツはリアテックシートって言います。

もうややこしいので、以下はきっぱりと

シール

と言い切りますね・・・

サンゲツ『リアテック』カタログより

いや、サンゲツ『シール材』カタログより

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

ぢゃこのシール、どんなところに使用するかと言えば

代表的な箇所は、エレベーターの扉。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

エレベーターの扉がシール貼りとは・・・

意外と知らなかったでしょ?(もちろんシールぢゃない扉もあるよ)

今度エレベーターに乗る機会があれば、スリスリ触ってみて

くださいね。

スリスリエレベーターの内側を触ってみて、一緒に乗っている人たちから

『ちょっと・! あの人・・・やばくない?』

と、思われても僕のブログを炎上させないでね

 

シールというからには、めくれるんぢゃねぇの?

と、無理やりめくろうとして、警備関係の人に捕まっても僕の名前は

出さないでね

ちなみに、シールと言っても下地にプライマーを塗布しますので

中々めくれません。

 

そして、玄関ドア。

マンションの玄関ドアをリフォームする時によく採用されてますね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

とにかく、どこでもどのような箇所にも貼れるというのが利点。

下地状況によっては、不可の箇所もありますが

例えば、想い出深い家具テーブルやテレビボードなども復元可能。

そしてこのように、屋外でも使用可能。

画像は僕が昔リフォームしたお店、

ガラス枠の木目がリアテックシールです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

柄も非常に多種多様。

このように、マホガニー木目はもちろんのこと

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

数百種類の木目柄があります

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

鏡面の木目も

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

革張り調だってあります

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

室内扉に張り付けて、ドアデザインもオリジナルにすれば

世界に一つのドアが造れます。

でも非常に高価なので、一般住宅には中々使用しません。

店舗やホテルなど、オンリーワンに重きを置いている施設によく採用されてます。

しかし、このシール材

僕は非常に好きな建築資材なので、

僕の手がけるリフォームでは結構頻繁に採用します。

例えば、現在リフォーム中のこちらの現場

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

棚板が二段見えます。

この壁面にテレビが設置予定で、テレビ上部に飾り棚として意匠性向上の為

取り付けてます。

一般住宅で、棚板を化粧するのに多く用いるのは塗装。

塗装も確かに、木目を消さないオイルステンという塗材もあるんですが・・

やはり経年でツヤなどが失われます。

人から見れば、どっちでもええやん。

位のレベルかもしれませんが、棚板一つにこだわれば

全体のイメージまでもが変わってくるんですよ~

面白いですよ、建築って

{本物志向で仕上がった飾り棚}

*養生中なので、少し見にくいで~す

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

今日も応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

リフォーム 大阪 のダイケンリフォームサービス

「リフォームとは幸せを生み出すもの!」 by;taichi ueno


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP