キズを直すプロのリペア業者

2011年10月20日

カテゴリー: 協力業者ご紹介, 日々のお仕事

■ リフォームをしている最中、あってはいけないことですが

何かを傷付けてしまうことってあります。

例えば、工具などを床に落としてフローリングを傷付けるとか。

また、僕たちリフォーム業者がキレイに引渡した後、

お客さんが購入された家具や家電の搬入で

業者さんが傷を付けてしまうこともあります。

そんな時、やっぱりこう思っちゃいますよね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

『 やっちまったなぁ~ 』

と。

ごめん。。。

 

建築業には、色んな職種があります。

今日は、そんな『やっちまった』時に、僕が頼りにしている業者さん。

キズを直すプロのリペア業者

床のフローリングは、傷一つで張り替えていけば非常に大層なので

誰が見ても『どこに傷があったの?』

というレベルまで修復できれば

このリペアで充分なんですね。

 

<不慮の事故で付いたフローリングの傷>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

1cmにも満たない範囲ですが、許容はできませんね。

では、どのようにリペアを施すのか、ご紹介しますね。

まず、目の細かいペーパーで表面を削り・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

硬化材を付けて、まずは床とフラットにしていきます

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

そしてまたペーパー掛け

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

ドライヤーで乾かして

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

目詰まりさすために、ラッカースプレーを噴射

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

すごいのが、こちらの色合せ。

小さな筆を手に持ち、周辺のフローリングと色を合わせていきます。

フローリングは木目なので、色んな茶系が混ざっていますが

ひとつひとつラインを描いていきます

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

最後に、周辺の光沢と相違のないようにツヤ出し

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

完成!

<BEFORE>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<AFTER>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

すごいでしょ?

どこに傷があったかお分かりですか?

写真はドアップなので、何となく分かりそうですが

実際の目線では、はっきり言って分かりませんレベル。

色んな職種がありますが、

建築リペア業、匠ですよね~

押してね。
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “キズを直すプロのリペア業者”

  1. 良縁処 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おお~♪
    素晴らしい!!
    困ったときの神頼みならぬ、匠頼みですね
    ^0^

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >良縁処さん
    いつもありがとうございます!
    お家の傷が見つかれば、僕に言ってくださいね~
    心の傷は治せませんが・・・
    うまくない?(関東弁で)

PAGE TOP