枚方市 地盤沈下修正工事

地盤沈下修正工事ってご存知ですか?

読んで字のごとく、家屋の地盤が沈下してしまった箇所を

修正する工事です。

当社は、専門分野ではないのですが、過去数件取り扱ったことが

あります。

すご~く稀な工事ですが、結構興味のある方が多いんです。

何故かと言えば、それだけ家屋の沈下が目立つお家が多いってことです。

僕も様々なお家にお邪魔しますが、

傾いてますね?

というお家って結構多いんですよね。

よくお客さんにも冗談ぽく、

『家、傾いてますねん あっハッハッハ(*´Д`)』

と聞きますが、結構本当のことなんですね。。

これは20年以上前のお家に言えることですが、それだけ当時の

建築がいい加減だったってことです。

沈下は特に木造住宅が多いですが、僕の経験上もうひとつ言えることは

ハウスメーカーさんが建てた住居に、沈下は無いんですね。

さすがですよね。

当時から、盤石な家屋造りをされていたのでしょうね。

 

<地盤沈下とは?>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

最も多いと言われている沈下例は、上図のように

盛土の締め固め不足(未改良地盤)により、元の地盤よりも

事前圧密が多く生じたという例。

主な要因としては・・・

 

① 建設会社が不同沈下など起こらないと思い、

過去の経験や勘だけで、基礎工事に着手した。

 

② 盛土をして数年経過しているから大丈夫と思い建てた。

 

③ 地盤調査をせずに建てた。

 

という要因が非常に多い。

今の建築事情は、ハウスメーカー以外の業者さんも

③の地盤調査を実施して、必要であれば改良をされているみたいなので

数年前とは少し事情が変わってきていますね(良い方向です)

 

では、地盤沈下修正工事ってどのように行なっていくのか

ご説明しますね。

 

<まず、基礎周辺を掘削していきます>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<大人がすっぽりと収まる位に掘り起こします>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<基礎下部から約1mまで掘り起こします>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

すごいですよね。

この業者さん、

海辺で浜砂をどこまで掘れるかという

イベントにぜひ出てほしいですね・・

(´0ノ`*) では、続いて・・・

 

<基礎下に新たにコンクリートの基礎を設ける為、配筋をします>

配筋=鉄筋を組んでいくこと。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<コンクリートを打設し・・>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<油圧ジャッキを用意して、基礎下に設置します>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<そして、こちらのジャッキで家屋を持ち上げます>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

この作業はすごいです。

お部屋の中に居れば、部分的に家屋が持ち上がってくるのが

分かるくらいです。

<持ち上げきった基礎下に埋設する銅管>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<後は土を埋め戻して・・>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<土と基礎の間にセメントを注入>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<まさ土で整地して完了です>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

ここまで行えば、人間が歩いて違和感のないレベルまで

傾きが修正されます。

気になる工事代金は・・・

こちらのお家で150万円也。

高いと思うのか、安いと思うのかはその人次第ですが

20年、30年超の住居であれば

皆さん思うのではないでしょうか。

『どうせ、そのうち建て替えるか、新築に引越しするので・・』

とね。

その心理はすごく良く分かります。

そして、これが日本の住宅の現実なんですね。

30年サイクルで建てては壊し、壊しては建てる。

欧米などは、真逆。

築100年住宅などは、よくあること。

そして、数十年経っていても家屋の価値が下がらない。

日本の国土交通省も目指せ欧米を目論んで、昨今はリフォーム業界に

あらゆる政策をとられていますね。

僕の業界(住宅リフォーム業)が活性されて、非常に良い傾向です。

でも・・

それも大事ですが、施工不良を無くして

手抜き工事業者を排除することが、最優先じゃないのって感じますね。

このように、終の住み家と決めた住居が業者の手抜きによって

沈下しないためにもね。

OSHI(押して・・・)

人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

One Response to “枚方市 地盤沈下修正工事”

  1. 藤阪のおばはんです より:

    SECRET: 0
    PASS:
    津波が起きて、ものの見事に家が流され、土台だけが残った事をニュースで映していました。昔の家は土台の上に、ぽんと乗せた物が多いといっていました。今の家は地震に強いというのを売りにしている所も多いですよね。それに惹かれて買う人も多いんじゃないでしょうか?お知り合いの方も大手の企業さんで買われましたが、家の中も、どしっとしてて、ステキだなあって思います。新築でバーンと戸が閉まると枠が外れる我が家・・コントの世界?業者さん、しっかりしてよね<`ヘ´>

PAGE TOP