お客様のご厚意で、更に案内チラシのデザインまで手がけていただいた茨木市F様邸のビフォーアフター

先日このブログでもご紹介した通りに、

本日はリフォーム完成内覧会を実施してきました~(*´▽`*)

1

2

徒歩圏内のマンションへ計900枚位のご案内でしたが、

1日トータル9組の方々に来ていただきました。

中々のレスポンスですよ、これは。 ^^

やっぱり皆さん同じような築年数で、全面的にリフォームしたら

どんな感じになるのか気になるんですよね。

ではお客様のご厚意で、

更に案内チラシのデザインまで手がけていただいた、

大阪府茨木市F様邸のビフォーアフターをご紹介しますね。

 

【BEFORE】
3

【AFTER】
4

 

【BEFORE】
5

【AFTER】
6

 

【BEFORE】
7

【AFTER】
8

 

【BEFORE】
9

【AFTER】
10

 

【BEFORE】
11

【AFTER】
12

 

【BEFORE】
13

【AFTER】
14

 

【BEFORE】
15

【AFTER】
16

 

【BEFORE】
17

【AFTER】
18

 

ご夫婦の主寝室となるコーナー間仕切り建具を

閉めるとこんな感じに。

19

主寝室側から見たアングル ↓

20

21

と、いうリフォームでした。

本日内覧会にご参加いただいた方々も皆さん一同に

ええやん。

広いやん。

を連呼しておられました。^^

マンションってほんと内装一新すれば新築同様なので

良いですよね。

 

あ、そうそう、これだけのリフォームなのでお客様のFさんは、

ご実家へ仮住まいされていたんですが、

先日このようなお電話を頂きましてね。

和室の壁の中に携帯電話を落としたのでヘルプミー。

てね。 ^^

なんのことか意味わかんないでしょ?

僕も始め全然わかんなかったもん。^^

和室ってお家によって有る無しなんですが、

こちらの長押(なげし)と言われる部位があるんです。↓

和室・床の間の各部名称

nageshi

 

この長押ね、中を覗くと、これまたお家によって異なりますが、

こんな感じで隙間が空いてる場合もあるんです。↓

nagesisukima4801

なので、万一ここに物を落とせば、

壁の中を通り下までいっちゃうんですよ。

Fさんは、お子さんに携帯で何かの動画を見せてあげてたらしく、

誤って長押内に携帯がストン。^^

中々の事故ですね。^^

ということで・・・

image1

壁を一部取り壊し、携帯電話救出作戦実行中の僕と

何故かパーティのような帽子をかぶり見守ってくれた

夏休み中の子供さん達。^^

 

僕もリフォーム業界長いけど、初の工事でしたね。(*´▽`*)

Fさん、ご自宅のリフォーム、そして内覧会と大変お世話になりました。

この場をお借りし厚く御礼申し上げます。

今回のリフォームで和室は無くなりましたので、

もう携帯を長押に落とすことはないですね。^^


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , , , , ,

Comments are closed.

PAGE TOP