VINTAGE MATTE BLACK STYLE

■ 今日は、当社スタッフの武田氏と

ブログをご覧いただいたお客様宅へ行ってきましたー

大阪市内だったので、武田氏の乗用車に乗せてもらって。

img_4430

武田氏の乗用車内に置いてあったラスカル。

このラスカル、めっちゃ可愛いでしょう~

これ、東京でしか売ってないんですよ~

僕この前東京行った時、ラスカルで2.3万使いました~

と聞いて・・・

あ、お、おん。。。へーーー

としか言えなかった僕は、

コミュニケーション能力が不足している

経営者なんでしょうか~(/・ω・)/

 

■ ぢゃ本題に。

iemoってご存知ですか?

インテリアや家具など、ユーザー目線で綴った記事や

商品などが紹介されていて、昨今人気のサイトですね。

HPはこちら。

実は僕の会社、イエモのプロアカウント持ってるんですよ。

書いたことないけど。(*´▽`*)

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

ま、それはどーでもいいんですが、

このイエモがユーザーにインテリアに関する調査を実施して

最も人気だったインテリアスタイルがあるんです。

武田もラスカルばかりでなく、

こういうことを勉強してほしいもんです。(~_~メ)

そのスタイルは・・・

e1adca7b-ba4e-4509-9204-44ba5eeb6de5

VINTAGE MATTE BLACK STYLE

以下、イエモさんの紹介文を拝借。

 

ブラック✕ウッドで作る上質な大人時間

iemo内アンケートで堂々の1位に輝いたスタイルが

「VINTAGE MATTE BLACK」です。

ウッド調の壁紙や床をベースにマットなブラックを

ポイントで使うことで、引き締った大人な空間に仕上げました。

ランプやチェスト、チェアの脚といった金属部分は

すべてマットブラックで統一して、男っぽい渋さを強調しています。

ブラック色は木とも相性が良いので、

組み合わせられる家具もたくさんあり、選択の幅も広く

取り入れやすいのが特徴的です。

エイジングした白の壁掛け小物をアクセントにして、

ヴィンテージ感も演出しました。

 

という感じ。

インテリアも毎年毎年流行が変わってきますからね。

でもね、僕は思うけど、どんなスタイルが流行ったって

結局は、自身が好きなスタイルで流行を追い求めなくなる。

インテリアってそんなものだと思いまーす。

だって、流行りよりも好きな物に囲まれて暮らす方が

断然楽しいですもんねー

土曜日ですね、良い日曜日をーーー

今日も応援のクリックをお願いします!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , ,

Comments are closed.

PAGE TOP