老若男女、例え幼稚園児だって自宅が綺麗になれば自慢になる

2016年08月18日

カテゴリー: たくさんのお客様に支えられています!

■ 連日の35℃超えに加えて夏季休暇をとっていないので

もうボチボチばててきた上野でーす。 ^^

でも大丈夫。

何せ明日から休んぢゃいますのでーー( ̄▽ ̄)

あ、会社は営業していますよ。

全力で遊ぼっと。 ^^

 

■ ぢゃ本題に。

生業としている住宅リフォーム業って、ブログでも度々書いていますが

本当に素晴らしい職種だと思うんです。

ある特殊な方々を除き、

自宅が綺麗になって嫌な気持ちになる人っていませんよね。

綺麗になった我家は自慢になる。と思うんです。

そしてそれは、

老若男女、例え幼稚園児だって同じだと思うんですよね。

先日ブログからのお問い合わせで実現した、大阪府豊中市のY様邸。

有難くもお渡ししていたアンケートが返ってきましたので

ちょっとご紹介しますね。ちなみにお子さんは幼稚園の男の子。

 

無題

 

上野社長

工事に携わってくださった皆様

この度は、暑い中本当にありがとうございました。

玄関の引き出し、クローゼット、食器棚とその裏の棚、

壁紙、エコカラット

食器棚にまつわる水道の配管も

丁寧に仕上げていただいて全てに満足、気に入ってます!

長いこと家の中で不満に感じていたことが、一ぺんに解消されました。

白い壁から自分の好きな意匠の壁紙やエコカラットに変えるだけで

自分の家がさらに自分のウチらしく感じられるような気がします。

息子もさっそく祖父母に玄関から一つ一つ紹介しながら嬉しそうに

自慢していました。

「ここの壁紙こっちにも貼ってんねんで~」とか

「おれの部屋~これ光っててキレイやろ~」

(エコカラットを指さしながら)

主人も片付け前にも関わらず「部屋が広くなったみたい」と

言っておりました。

また息子の落書きの心配がなくなりましたら、

和室の壁もよろしくお願いします。

重ね重ねありがとうございました。

というアンケートでした。

息子さん自慢のエコカラットはこちらー(=^・^=)

FullSizeRender2

FullSizeRender10

素晴らしいご意見ですよ、ほんとにね。

幼稚園のお子さんにまでこんな自慢に思ってもらえるんですよ。

まさに冥利に尽きると感じます。

そして、アンケートの中でこのようなお言葉があります。

自分の家がさらに自分のウチらしく

感じられるような気がします。

これって何気ないセリフなんですが、

僕が抱く想いの一つにこういう言葉がある。

家はハウスではなくホーム

家はハウスとも言うしホームとも言いいますよね。

諸説あると思いますが、ハウスは建造物でホームは家庭という。

自分の家がさらに自分のウチらしく感じた時、

ますますハウスはホームになると思うんですよね。

素晴らしいご意見ご感想、Yさんありがとうございましたー

今日も応援のクリックをーーー


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , ,

Comments are closed.

PAGE TOP