洗面化粧台に求めるものは結局、収納力と清掃性に限る

■ ブログは書き続ければ徐々に量が質に変わる。

そしてブログはストック情報なので、

蓄積することで読まれる機会が高まる。

と言うわけで、この僕のブログも今日の記事で1616記事に達しました。

いったいいつまで続くんでしょうか。

それは僕にも分かんねぇ ^^

特に最近は、いわゆる自然検索からのヒット率が上昇し、

過去記事がかなり読まれている傾向にある。

例えば、こちらの記事などは、『洗面台 人気』というワードで

21.600.000件中、製造販売をしているメーカーさんよりも上位の

7番目あたりに表示されます。

色んなメーカーの洗面化粧台紹介します

しかも、この記事は2011年の6月に書いてる。

5年前ですよ、5年前。

当時36歳の僕にもし言えることができたなら、

きっとこう言うね。

 

 

痛風に気を付けろ。(-ω-)/

プリン体の多い食べ物は極力控えろ。(-ω-)/

てね。

( `ー´)ノ 何の話しやねん。

 

すごいですよね、

5年も前の記事が未だに毎日毎日読まれてるわけですよ。

ってことが言いたかっただけ。

 

■ ぢゃ本題に。

洗面所繋がりで、今日は少し。

洗面化粧台に求めるものは結局、収納力と清掃性に限る

と思うんです。

もちろん各家庭で物の多さはバラバラだし、

洗面所にモノを置かないスタイルのご家庭もあるでしょう。

でも圧倒的に言えるのは、

洗面所って各家庭だいたい狭いやん?

普通2~3畳あるかないかやん?

6畳の洗面所見た時ある?

 

従い、

洗面所での収納力は結局化粧台に頼ることになるよねってこと。

各機器メーカーさんは、これを知ってるいるので

やっぱり収納力にこだわった品が多く出てます。

こんな感じで。

 

pht_feature01_16

ちなみに、化粧台下部に体重計が収まっていますが、

結構勘違いされている方が多い情報として、

この体重計を収納から一回取って、床に置いてから乗らなきゃいけない。

というのは謝った情報で、

こんな感じで体重計収納に体重計をのせたまま計れるんですよ。

無題

で、次に清掃性ですが、

洗面化粧台の清掃ってどこが一番面倒かと言えば・・・

 

point1_1

そ・ここね。

この水栓の廻りとか、水が溜まりやすい面とかね。

これを解決すべく、どこのメーカーさんが初めて出したのか不明ですが

今やこぞって、こんな感じの商品になってます。

pht_feature04_02

水栓を上部に設置し、水がたまりにくい構造の「ハイバックガード」

継ぎ目のない一体成形のボウルなので、お掃除もかんたんです。

by;TOTO

水栓廻りをまとめると・・・

 

一昔前はこんな感じで。

無題2-1

 

清掃性をより高めるために、こんな感じに進化した。

無題2-2

でもね、これでもまだ進化は終わってないんですよ。

( `ー´)ノ ちょいちょいちょい。

その壁から出てる水栓の廻りも結局は水当たって

上の方とかに水垢出てくるんちゃうのーーー

何て言うことを思った人は、

実は洗面化粧台の最先端をいってるかもねー

そうなんです、

実はLIXILからはこのような品が発売されてるんです。

無題2

kirei_img_01

キレイアップ水栓

上から水が出るキレイアップ水栓は

水栓まわりに水がたまらないのでお掃除簡単。

水栓まわりの最大の悩みは、水はねでたまった汚れのお掃除。

キレイアップ水栓は、水栓まわりに水がたまることがないので、

拭き掃除の手間がほとんどありません。

 

すごい品が発売されるものですよね。

さすが、TOTOとLIXILって感じです。

あ、この2つのメーカーさん国内でこんな感じのシェアなんです。

 

1105_4market4

70%がTOTO・LIXILで占めてます。

やっぱシェアが高いと商品開発にも力が入るってことですかね。

 

以上。

洗面化粧台を選ぶ時、参考になれば嬉しいでーす。

当社の洗面化粧台施工事例を見ていただいたら

もっと嬉しいでーす。

今日も応援のクリックをーーーー


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

3 Responses to “洗面化粧台に求めるものは結局、収納力と清掃性に限る”

  1. たなきゅー より:

    子供がいる家庭ではなおさら、洗面の汚れは簡単に落としたいですね。どんな洗面化粧台を設置するか、レイアウトは? 収納力はめっちゃ大事! いろいろ考えています〜(^_^)/

    あ、プリン体は収納しないでいいです・・・

    • 上野太一 上野太一 より:

      たなきゅーさん、お久しぶりでーす。(‘ω’)ノ
      ぜひ理想に叶った洗面化粧台をチョイスしてくださいね~
      っていうか、たなきゅーさん家、リフォームいつされるんでしたっけ・・・

      • たなきゅー より:

        早くしたいんですけど・・・来年の夏以降くらいで、またきちんとご相談させてください(>_<)ぺこぺこ

PAGE TOP