お客さんが受け取った時に、感動してもらえる位のPresentation資料を作りたい。

2016年05月16日

カテゴリー: 日々のお仕事, 経営に関して思うこと

■ 住宅のリフォームは、定価が無いと言っていい。

工事する部位は各お家によって様々なので、

各家庭によって同じ工事でも若干価格が異なる可能性があるってことね。

そして、住宅のリフォームでお客さんにお渡しする資料に関しても

決まった書式は無いと言っていい。

例えば、工事見積書や契約書などはそれにあてはまりませんが、

その他書類として、例えば僕の会社が最も重んじている資料。

それが、Presentation資料。

先日ブログでも紹介した京都市Y様邸

こちらのゲストハウスリノベーションなどは、

Image1

Image2

Image3

と、こんな感じで邸宅に合わせたテーマを作り

表紙は革張り調をイメージして、このリノベーションに懸ける思いを

込めた物を作りお渡ししたりする。

会社でも特に決まった書式を用意せずに、その時々に合せて作成してます。

簡単に言うと、

高額を扱う一つのリフォームに対して

お客さんが受け取った時に、

感動してもらえる位のPresentation資料を作りたい。

そういう想いでやってるってわけね。

途中で設計変更になったバイオエタノール暖炉に関しても

リビング (12)

Image4

Image5

暖炉背面のblackカラーをイメージし、炎が上がるような表紙にしたりね。

自分で言うのも何なん何で何ですが、まぁまぁ恰好良いでしょ?

そして、今紹介した資料は全て僕が作成したわけですが、

僕以外のスタッフが作成に携わる。そういうケースが多々あります。

多々あると言うよりも、

業務として事務職兼パースなどのCAD作業を

メインとしているスタッフがいます。

実は今年の4月から新入社員として入社したスタッフなんです。

入社後早1月半くらい経過しますが、

ようやく僕のブログで紹介しちゃお。

年齢は20歳の女性。

若いねー(・∀・)

何と僕とは21歳離れてるんですよ。

も・何ちゅうんでしょうね・・・

例えば親子でもおかしくない歳の差ってわけでしょ?

すごいよねー

僕もそんな歳になったんやな~っと何だか改めて思ったりして。

で、入社早々からCADを徹底的に学んでほしかったので、

僕の会社が契約するCADソフト会社さんの講習を受けてもらったりと

現在頑張ってくれているわけですが、1か月も経たない位の時期にね

僕が抱えたリフォームのプレゼン資料を作ってもらったの。

何事も経験、勉強の意味を含めてね。

初制作のPresentation資料をちょっと紹介しますね。

こちら~(-ω-)/

IMG_2697

IMG_2698

ぴよぴよ

 

ぴーよぴよ。

 

 

 

ママーーー

まってよー

 

 

 

 

ぴよ

 

 

 

 

 

 

 

( ̄_ ̄ i)タラー

 

 

 

 

 

 

∑( ̄皿 ̄;; ムッキー!!

 

 

かわいい

かわいい

かわいすぎるーーー!!!

 

持って行くのは

昭和49年生まれの

今年42歳寅年の

おっさんやっちゅうねん。

(ノ ̄皿 ̄)ノ

 

(=^・^=) まいるわもう。

 

本人曰くこのプレゼンは水回りリフォームだったので

それなりの画像を探したらしいけど。

ま・この表紙の可愛さも笑いに代えて受注したけどね。

でもね、今後大丈夫かな・・・と一抹の不安があったんですが

若いからかセンスなのか、そこは分からないけど、

その後、実に短時間でCADを自分なりに覚えて

こちらに関しても1か月経過していない時期に作った資料なんですよ。

IMG_2758

IMG_2759

IMG_2760

IMG_2762

IMG_2765

IMG_2764

IMG_2763

これは、自社スタッフを褒めるわけではないが、

中々のモノだと思うんです。

リフォームの内容や内装のイメージに合せて、表紙や中身を変える。

細かいことまで言えば、説明する字体をも変える。

そして、テーブルの上や壁面を殺風景にさせずに小物を飾ったり。

太陽がどこの窓から差し込んだ方がよりよく見えるのか。

照明を際立たせたい時には夜にするとか。

このあたりの考え方が、僕も認める位に中々のセンスなんですよ。

(-。-)y- ま・あんま褒めんとこか。。。 ^^

実はこれだけで、見栄えや印象がぐんと変わってくるんです。

そして、センス良く出来上がったパースは、

お客さんの夢をどんどんと膨らませるでしょ?

先日紹介し、上でも紹介した京都市Y様邸などは、

実は、パースを含めたPresentation資料に

惚れ込んでいただき実現したリフォームなんですよ。

こんなに素敵な内外装になるなら、上野さんとこでするーーー

って感じ。

で、ブログ初公開ですが、リフォーム代金は5000万超です。

お渡しするPresentation一つで、

5000万超のリフォームが受注できるんです。

この力は絶大だと思うんですよね。

 

まだまだ勉強中の身ですが、今後の活躍を期待したいと思ってます。

特に僕の会社は生まれて初めて正社員になった会社になります。

大層なことは教えてあげれないけど、

ダイケンリフォームサービスに就職したことに後悔せず

仕事の楽しさを学んでくれたらいいなと思います。

親御さんもさぞかし可愛がってきたと思うしね。

特にお父さんの気持ちは分かるなー (=^・^=)

初めて就職した会社、どんな会社やねんって。

(-ω-)/ 親御さん、こんな感じの代表者ですみませーーん。

このブログをもしご覧いただいたとして、申し上げたい。

どうぞ安心していただきたいと思います。てね。

立派に務めてくれていますよ、トイレのペーパーは彼女が来てから

常に▽です。 ^^

IMG_2965

仕事が楽しくて充実していれば、きっとプライベートも充実し楽しくなる。

ひいては、人生が楽しくなる。

こちらのスタッフ含めて、僕の会社にて現在勤務している全てのスタッフが

そんな人生を歩んでほしい。

その組織を作るのが僕の目標で役目なので

僕も今後益々頑張らなくちゃね。

今日も応援のクリックをーーー


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP