それは武田さんの誠意がそうさせたのだと思ってます。

■ 一つのリフォームで、

会社利益をより多く残すような工事をしなさい。

と、口が裂けても言いたくないから

僕のサイフはいつも1.500円前後しか入ってない。

(=^・^=)

冗談ですよ、冗談。

2.000円は入ってますよ。

( `ー´)ノ かわらへんがな。

( `ー´)ノ 中2かっ

それよりも・・・

一つのリフォームで、

とことんお客さんに喜んでもらう工事をしなさい。

そんな気持ちでスタッフ皆に接しているつもり。

先日、当社スタッフの武田氏が実施したこちらのリフォーム。

<BEFORE>
IMG_7965

<AFTER>
IMG_8466

Panasonicのキッチンカップボードを設置しました。

キッチンメーカーさんのカップボードは、

このように壁天井に対して隙間なく収めることができるのが

最大のメリットですね。

とても綺麗になってます。

工事期間も2日間とプチリフォームなレベルですが、

お客さんにとっては数十万円という大金を費やし、

一度設置すれば数十年は平均してご使用されるでしょう。

だから工事の大小はまるで関係が無い。

このお客さんの為を思い、

自分がどこまで努力し誠意をもって対応したか。

お渡ししたアンケートが物語る。

Image1888

思って以上に使い勝手も良く素敵なカップボードに

なり大満足となったのは、ショールームに行くことを勧めて

くれたり、予約(2回)も取り次いでくれたりと

敏速な対応をしてくださったお蔭で感謝しています。

色々ある工務店をネットで検索していたところ

以前主人が住んでいた町でもあり、親近感を感じダイケンさんに

施工を依頼したところ思ってた通り信頼でき安心してお願いする

ことになりました。

工事に入る前にはご近所への挨拶や飼い犬にやさしく声を掛けて

くれたりと心配りもしっかりと配慮してくださりました。

カップボードの設置工事でしたので、2日間の工程でしたが

色々とアクシデントが起こり長引きましたが、全く嫌な気持ちに

なりませんでした。

それは武田さんの誠意がそうさせたのだと思ってます。

本当に有難うございました。

次はカーポート・テラス屋根の設置を検討していますが

その時は勿論ダイケンさんでと考えてます。

というアンケートでした。

素晴らしいご意見、この場をお借りし厚く御礼を申し上げます。

ありがたいですよね、ほんとに。

会社としても嬉しいことですが、本人が一番嬉しいと思います。

ま、よくやっ・・・・

 

 

 

 

絶対に褒めない。

武田だけは絶対褒めない。

(=^・^=)

アンケートの末文には、

次の工事も当社でって書いてもらってますよね。

もちろん、これは約束ぢゃないので確定したお話ぢゃない。

でもね、お客さんにこういう気持ちになってもらうってことが

僕はとっても大事だと思うんです。

お家のことで何かあれば、ダイケンさんに、武田さんに。

そう思ってもらうことって、本当に難しいと思うんですよ。

だって、世の中には捨てる程リフォーム業者はいるからね。

その中で信頼を勝ち取り、

更なる依頼を頂戴することがどこまで難しいか。

そして・・・

どれだけ嬉しいことか。

自身が受け持ったリフォームで、一人、また一人と

このようなお客さんを増やしていけば、

きっと仕事がもっと面白くなることでしょう。

僕は17年間、そう信じてやってきたからね。

だから同業他社の多くが莫大な費用をかけて

新規のお客さんを得るために

新聞にチラシを折り込んでいますが、当社は5名体制になっても

新聞折り込みを行わなくてもフル稼働です。

これは、月に40%を超える過去のお客さんからの

依頼があってこそなんです。

今、度重なるご依頼をいただけるのは、

ほとんどが僕のお客さんだけど

この数を超えた時、はじめて・・・

武田を褒めましょう。

ま・あと45年は無理かな。

(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーー


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP