全神経を集中し、こだわる!

2014年05月16日

カテゴリー: 経営に関して思うこと

■ 先日、僕の家の木に

夜、ツバメが寝てるとブログで書きました。

毎日仕事から帰り、眠っているツバメを眺めるのが日課に

なってたんですが、

昨日ね・・・・・

1人 1匹いないんですよ。

なんでなん?

『 なぁなぁ、旦那さん、どないしたん? 』

と、聞いても答えるわけもなし。

あ・昨日いた人が旦那か嫁かも知らんか・・・

何かあったんですかね?

心配や。。。

 

 

出すか・・・・

 

 

捜索願。(=^・^=)

 

 

ちょっとブログでも告知しとこ。

特徴;大人のツバメ

性別;不明

地域;大阪府枚方市よりいなくなりました。

備考;日中は空を飛んでると思います。

似顔絵(写真);(=^・^=)

もし、見られた方がいれば、

君、上野さん家で寝てたツバメさん?

上野さん、心配してはったで。

と、優しく声をかけてあげてくださいね。

 

 

■ ぢゃ本題に。

僕は、一応法人の企業を経営しているわけですが、

今年40歳をむかえて、40~50という10年間の会社の方向性や

自分の立ち位置を最近頻繁に考えてます。

でも、ここ一日はツバメのことで考える余裕がない。

ま・考えることはそんな難しいことではないけどね。

商売とは、とても難しいです。

経営者の10年は、サラリーマンの30年に匹敵するとまで言われます。

そして、会社の方向性を考える時に大事なのは・・・・

どこまでもユーザーの目線で考えること。

が、とても大事だと思うんです。

 

<過去頂戴したお客様の声・一部>

こちらの声の中に、このような文言があります。

客目線で考えてくれているんだなと思いました。

 

 

この話をすれば、深い~ですが・・・

そもそも会社とは、何の為に存在しているのか。

 

● 会社は社会の公器なんですよ

つまり、社会から人材を採用し、社会(消費者)の役に立つことをする。

僕の会社で言えば、住空間の利便性を高め、快適な住空間を提供することが

社会(消費者)の役に立ち、その対価としてお金をいただく。

いただいたお金で、社会に対して納税を行い

新たなサービス・新たな人材を確保し、リフォームの質を向上し還元する。

この気持ちがあれば、お客さんの目線で物事を考えるのは

もう当たり前って位のレベルなんです。

逆に、会社を社会の公器と思わない経営は、利益第一主義になり

クライアントの気持ちは置き去りになる。

そして実践すれば、必ずこういう結果になる。

<過去頂戴したお客様の声・一部>

満足度はパーフェクトの5つ星です!

てね。

でもね、会社を社会の公器と思い全ての業務を遂行しても

ミッションが明確ぢゃないとぶれるんですよ、経営って。

当社が提供するリフォームって、誰しもが人生で何十回も経験しない。

もしかしたら、人生の中で1度・2度と数える程度かもしれませんよね。

同じく建築業の新築で言えば、ほぼこの数字に該当するでしょう。

だからね、実際にリフォームや新築をされる方って、

分からないんですよ。

完成した時の感情が。

だって未経験だもの。

 

 

<過去頂戴したお客様の声・一部>

出来上がりを見た時の感動は忘れられないです。

 

 

そうなんです。

リフォームや新築で、綺麗になった我家を見た時って

想像を絶する位に感動するものなんですよ。

そして、良いリフォーム・建築は月日が経ってからも日々感動することになる。

自分でも思っていなかった位の感動という胸の高鳴りは、

きっとこの気持ちになっていくんです。

 

<過去頂戴したお客様の声・一部>

私たち家族も今とっても幸せです。

てね。

 

ここまで感動するとはね・・・

快適なお部屋に住まうことが、ここまで癒されるものとはね・・・

すごいな、家って。

こう感じていただく方は、当社には多数います。

僕ね、ほんと思うんですけど、

住宅リフォーム・建築というのは、

ただ単に建造物を造る仕事ぢゃないんですよ。

あ~老朽化したキッチンを綺麗にしたいな~

う~ん・・・もうちょっとトイレ綺麗になったらな~

という、もちろんリフォームする理由は住まいを綺麗にしたい気持ちから

スタートするんだけど、その先にあるものはこれなんです・・・・

リフォームして住まいが快適になり家族が幸せになりたい。

自分では気づいていない方でも

潜在意識の中で、必ず持ってるんです。

 

<過去のお客様には気付いておられる方もいます>

料金が安い業者なら探せば

いくつもあると思いますが

私達が求めているのは、

『施工してもらった後の幸せ』です。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

というのは、こういうことなんですよね。

最近で言えば、先日完工した大阪市城東区のYさんという方が

おられます。

BEFORE/AFTERはこちらです。

最後に交わしたメールがあるんですが、ほんのちょっとだけ紹介します。

最後に、

リフォームしてよかったぁ!!

ほんまありがとう、上野さーん!

最後の言葉なので、超短いですが

僕は、大好きな言葉なんですよ。

もう何か、感情むき出しって感じでしょう? (=^・^=)

 

 

お家が綺麗になれば、誰しもが嬉しい。

だから、究極を言えば建築の技術があれば

誰でもええねん。

どこの業者でもええねん。

となります。

でもね、

リフォームって気づいていなくとも終わってから住まう家に

日々幸せが感じられるものなんですよ。

と、理解しながら工事する業者とただ流れ作業のごとく行う業者では

僕は雲泥の差があると思うんです。

クライアントがリフォームして本当に良かったと

心の底から喜び、その家で幸せに生活していくことに

最高の想いを込めてリフォームを提供する。

気付いていない方もきっと潜在意識の中にある

建築リフォームのその先にあるもの・・・

幸せになりたいという気持ち。

 

そこに!

全神経を集中し、こだわる!

 

そんな会社に

なったんねん!!

 

なんてことを空を眺めて、ツバメを探しながら思いましたー

 

 

個人Facebookのプロフィール画像、変更しましたー(=^・^=)

今日も応援のクリックを!!!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “全神経を集中し、こだわる!”

  1. あずあず より:

    SECRET: 0
    PASS:
    上野社長さんが
    ソロモン流に主演される時も近いと思います
    (*´∀`*)ノ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >あずあずさん
    あれ、?
    あずあずっち今日は素直やん。(=^・^=)
    ええこと言うやんー
    いつもそんなあずあずっちが良いなー
    (^ω^)カッカッカッカっカ

PAGE TOP