タイル材で建築のトレンドが分かる

■ どうなることかと立ち上げたスタッフブログ。

皆、中々の更新頻度で運営していってくれてます。

約1名、奥田という名の人は置いといて。( *´艸`)

side_banner10

僕のブログ左メニューにもバナーを貼りましたので

また見てくださいねー

ブログ初チャレンジの武田氏も、僕が言うのも何ですが・・・

読み手に伝わる文章を心掛けてると感じます。

親御さんも、

おかしなこと書かへんやろな・・と心配されていることでしょう。

大丈夫、

おかしなこと書いてたら僕が3秒で消すので。

(=^・^=)

 

■ ぢゃ本題に。

洋服や車と同じで、建築にも時代時代に合ったトレンドがある。

そしてトレンドが分かる資材の一つが、タイル材。

もちろん、タイル以外でもフローリングや建具でも分かりますが

何故、タイルなのか。

それは僕が好きだから。

でもタイルと娘どっちが好きと問われたら

もちろん娘。

タイルと嫁どっちが好きかと問われたら

 

 

 

 

( ̄~ ̄;) ウーン

 

 

 

 

 

■ 最近のタイルってこういう感じの物がすごく増えてきた。

 

ヾ( ̄皿 ̄メ) どっちやねん

(=^・^=) 嫁に決まってますやん。タイル以下なわけないぢゃん。

 

tl73031

tl73041

こんな感じの代物。

これ、タイルなんですよ。

まるで使い古された感のある本物の木みたいに映ります。

tl730311

tl730411

このシャビーシックな雰囲気が良いよねー。

あ、まさか万人が引いてます? (=^・^=)

でも流行ってるんですよ。

 

そして、このようなヘキサゴン(六角形)デザインもトレンドの一つ。

tl76181

タイルではなく、ビニールのクッションフロアにも最近出してきた。

Image2-1

Image2

 

 

こちらのデザインも最近多く見かけますね。

フローリングの風合いを表現したタイル。

床に塗ったペンキが経年によって色あせたような味わいを感じさせる。

tl63031

tl630311

と、こんな感じで一昔前とは異なったラインナップが、

各メーカーのカタログトップを飾ってる。

総じて言えば、このようなインテリア空間がトレンドかもね。

french-chic_p01

あ・誤解なく。

トレンドって言ったって、万人に好かれるわけぢゃないからね。

洋服や車が山ほど種類があるように、建築内装にも多々種類がある。

その中で目立って紹介されている感じが、上のような雰囲気ってことね。

そもそもインテリアには好き嫌いもあるし、

テイスト別に良いところがあるからね。

select_p01_02660

ま・自身が好きな内装雰囲気で過ごすのが、

何より幸せってことですよね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP