ちょっと洒落た室内を目指す方には、とてもお勧めな床材フロアータイル

2015年08月27日

カテゴリー: 建築資材のご紹介

■ 職人さんが使うプロ用工具を見た時、

なんだか血が燃え滾るのは僕だけでしょうか~( ̄Д ̄)ノ

使用頻度はとっても低いくせに、

一通り揃えたい願望があるのは僕だけでしょうか~( ̄Д ̄)ノ

 

wh18ddl2

( ̄▽ ̄) 全カラー欲しいな。

これらの工具を大工さんはいつも車に積んで、

現場現場を廻ってるんですねー

各ランクによってその金額は大きく変わってきますが、

一通りの大工工具を揃えれば、ざっと幾ら位だと思います?

何とその額・・・

100万円超

と言われているんですよ。

すごいよねー

でね、建築業種色々あれど、

工具の盗難にあう確率はダントツで大工さんなんですよ。

夜、工具を積んだ駐車中の車が窓ガラスなどを割られて持っていかれる。

何を隠そう、僕は過去二回も盗難にあった大工さんを知ってる。

毎日毎日、車から安全な場所に下ろして移動するのも面倒だしね。

青空駐車場ではなくシャッター付の駐車場を借りる?

盗難に合わないために高額の賃料を毎月払うのもねー

ぢゃどうすればいいと思います?

 

( ̄Д ̄)ノ いったいぜんたい何の話ーーー

 

(=^・^=) ぢゃ本題に。

■ 先日から実施していたこのようなリフォームがあります。

BEFORE
IMG_0555

AFTER
IMG_0558

BEFORE
IMG_0554

AFTER
IMG_0564

戸建住宅の床部分なんですが、この資材ね、

木質系のフローリングでも無ければ、陶器系のタイルでもない。

フロア-タイルという資材なんです。

フロア-タイルとは;塩ビ系の床材で石目調や木目調、
フローリングの微妙な色柄などもリアルに再現し
リーズナブルなのに高級感もある床仕上げ材です。

多くは住宅ではなく、土足でも可能なので店舗で採用されています。

が、僕は個人的に一般住宅でも大いに有りだと思ってます。

Image1

Image2

こんな感じで一風変わった、

木質フローリングでは見ないようなデザインや色柄があるからね。

石目調もすごくリアルに表現されてます。 ↓

Image3-1

Image3

 

畳調だってあります。(=^・^=)

Image4-1

Image4

コスト面もフローリングに比べてとても安価だしね。

ちょっと洒落た室内を目指す方には、とてもお勧めな床材でーす。

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP