設備機器など施主支給でリフォームする時のメリットデメリット

■ このPCの画面は・・・

Image1-1

ワードプレスで書いてる僕のブログの管理画面なんですが、

画面右上に、このように書かれてます。

Image1

 

こんにちは、
ワードプレスさん!

今日も頑張って更新します!

( `ー´)ノ 君、精神不安定か

 

■ ぢゃ本題に。

どこまで進む、インターネット社会。

という感じで、

日々進化が止まらない世界だと誰しもが感じていると思いますが、

ありとあらゆる商品が安価で出ていますよね。

我が建築リフォーム業界も例えば便器や洗面台、

キッチンやユニットバスといった住宅設備機器も

ちょっと調べるだけで安価なページがわんさかある。

そして人間誰しもが全く同じ品なら、少しでも安く仕入れたい。

そういう気持ちがあって当然ですよね。

だから僕の会社でも稀にこういったお話を頂戴します。

設備機器は施主支給でもいいですか?

てね。

例えば便器
Image3

例えば洗面台
Image33

例えばシステムキッチン
type_11_pic

例えばユニットバス
Image5

例えばヘンテコリンな置物。
Image2-2

( `ー´)ノ それはええやん。

 

そして僕は決まってこう答える。

嫌だけど良いですよ。

てね。

( `ー´)ノ どっちやねん。

ま、基本は当社はNGです。

NGの大きな理由はね、

大好きなお客さんと、

とってもとってもギクシャクしちゃうから。

何故なら、洗面台を一つ例に挙げるとしますよね。

現状の機器から場所を変えずに実施する内容だとすれば、工事日数は一日です。

最低でも1週間前頃には、実施する日程は決まります。

○月○日 AM9時から開始します。

と告げておき、お客さんで支給された品が万一無かったらどうしましょう。

無い事情は何でもいいです。配送の都合・仕入れ先の都合。

僕の会社からは担当者と水道設備業の職人さんと現地に行ってますよね。

商品が無い以上は、取替できないわけだし出戻りということになる。

嫌でも発生するよね、ビッグマネーが。

当社スタッフの人件費はまだしも、職人さんの日当は払ってあげなきゃね。

● 支給する商品が予定していた日に何らかの不具合で無かった際の
出戻り人件費、諸経費などの費用を全額お客様にて負担していただく
こととなります。

ね?こんな書面を取り交わさなきゃいけないでしょ?

( `ー´)ノ おいおいおい、上野やる気?

って感じになりますよねー

 

商品が届かない場合以外にも商品の梱包を開ければ傷が付いてた。

そのまま傷が付いた状態で付けるのは誰しもが嫌ですよね。

商品購入元が取替はしてくれると思うけど、結局二度手間。

● 支給する商品の梱包は必ずお客様が開けていただき、
傷など不具合が無いことを事前にご確認ください。
万一、取り付け日当日に不具合が見つかった際は
出戻り人件費、諸経費などの費用を全額お客様にて負担していただく
こととなります。

ね?

( `ー´)ノ おいおいおい、上野なんか感じ悪ー

ってなりますよねー

 

後々ギクシャクしないために、ギクシャクした書面でやり取りしときましょ。

なんかそんな感じになっちゃうので、僕嫌なんですよね。

施主支給は、確かに安価で仕入れることができるというメリットはあるけど、

結構なリスクを負うデメリットもあることを承知されていた方が

いいってことですね。

何も無い場合の方が多いかもしれないけど、こればかりは分かりませんしね。

施主支給せずに、リフォーム会社全て負担であれば、

工期の遅延や商品の傷などは全て請負会社の責任なので、それに比べると

多少のリスクを背負うギャンブル性も若干あるってことですね。

 

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP