不同沈下 枚方市

■ これは職業柄でしょうか。

建物に入るとその傾きが分かるんですよ、僕。

んっ・・・・

若干傾きありやな。

と。

そもそもお家って傾くの?

と思われる方も多いかもしれないけど、

実は結構多いんですよ、木造住宅の経年による傾き。

傾いたお家の多くは、地盤が不同沈下している場合が多い。

不同沈下の主な原因は、

地盤の支持力不足

隣地の掘削工事によるもの

建物の荷重の偏り

地震

液状化

不適切な地盤補強

などが挙げられます。

中でも最も多い沈下のケースは・・・

このように、地山と盛土との自然圧密の差。

地山とは、元々ずっと土の状態だった土地。

盛土とは、その上に建物を建てるから後から土を入れた土地。

地山は長年に渡って雨水などを含んでいるので

もうこれ以上は下がらない。

一方盛土は、新しく土を入れてるから

経年で下がっていく可能性が高いってわけね。

そうならないためには、締め固めを行い、場合によっては

地盤を改良しなきゃいけないってことです。

その地盤改良工事を怠れば、結構高い確率でお家は傾きます・・・

経年で傾いたお家は、

サッシの開閉や建具と枠に隙間が生じたりと

日常生活を脅かすことになる。

新築されるときは、必ず地盤改良工事を行うことですね。

加えて地盤保証書を発行してもらうことです。

だいたいが10年保証になってます。

10年満たないお家が傾きはじめて、保証の対象になるのが、

1000分の5と言われています。

保証会社によっては、1000分の4・3とかもあるみたいですが。

これは何の数字かと言えば、

1000≒1m 5≒5㎜ になっており、

1mで5㎜の傾きがあれば、OUTってわけ。

例えば、6帖のお部屋がありますよね。

6帖って約2.7m×3.6mという寸法なんですが、

3.6m側の端から端で、1㎝8㎜傾いていれば

1000分の5に該当するってことです。

その3.6mの間にサッシが付いていれば、

間違いなく隙間や開閉に支障があると思います。

そしてその傾きをどうやって調べるか。

よくテレビなんかでビー玉を転がしていますが、

ビー玉の転がりで1000分の5を数値化はできないよね。

僕の会社は稀に傾きを調査してほしいという依頼も

請けるんですが、そんな時は・・・

ビー玉を28個持って行きます。

そして、一斉に28個のビー玉を転がす。

これで何が分かると思います・・・・?

そう。

何も分からない。

ただうるさいだけ~(/・ω・)/

冗談ですよ、冗談。(=^・^=)

こういう機械で図るんですよ。

実はこの機械の中には・・・・

小っちゃい宇宙人が入ってます!!

何かそんな雰囲気醸し出してるでしょ?

あ、ごめん。。。

この機械は、このように使用します。 ↓

奥に赤いレーザーラインが見えますよね。

このレーザーライン、完璧なる水平線なんです。

この水平ラインにスケール(メジャー)を床にあてて図る。 ↓

この数字は、床から11㎝位ですよね。

これを6帖のお部屋で一方の角が12.8㎝だった場合は、

1.8㎜の傾きありってことになる。

とても怖い不同沈下ですが、

お家のメンテナンスをプロに依頼する場合は、

このように傾きも調べてもらった方が良いですね。

何も問題なければ、良好な状態だと安心することにもなるしね。

今日も応援のクリックを~~~!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “不同沈下 枚方市”

  1. yucchi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちっさい宇宙人…ピクミン?
    上野さん、うち、完全に傾いてます。
    素人なのにわかるほど。
    こんなでもリフォームで済むものでしょうか…

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >yucchiさん
    傾きを直してからリフォームをする。
    ほんとはこれが一番。
    でも、費用も…ね…
    だいたいですが、木造住宅の不同沈下修正工事は300万~500万位が相場です。
    なので、もうこれ以上は沈下しない。
    皆さんそう信じて、内装の床だけを水平にする工事で留めているケースが多いと思います。
    僕のお客さんでも多数そのようにされていますよ。
    10年前と比べて、沈下が進行していないお家もあるしね。
    ま、ケースバイケースですが、そのままリフォームしても個人的にはいいんじゃないかと。(^ν^)

PAGE TOP