キッチンリフォーム 大阪市

2014年03月05日

カテゴリー: リフォーム工事中現場ご紹介

■ ひな祭りのお人形って、

早くしまえば、早く結婚できるらしいですね。

逆にしまうのが遅ければ、結婚も遅いってこと?

↓ 我が家のひな人形

で、昨日嫁が

『 早くしまわなあかんな。 』

と納戸に収納しようとしたので、

夜中家族が寝静まってから

 

建築業者しか

外すことが出来ない

特殊工具が必要な

ビスで固定しときました。

(ボンドも込で)

冗談ですよ、冗談。(=^・^=)

 

婚期を逃さず、良縁を祈ってますよ。

かかってこい。娘の旦那。( ̄Д ̄)ノ

 

冗談ですって。(=^・^=)

 

■ ぢゃ本題に。

キッチンに吊り戸棚要らねぇ。

って人、増えましたよね。

あっても届かないので、あまり収納しないから。

あれば圧迫感があって逆に嫌。

無い方がダイニング・リビングを見渡せるからラッキー。

こういうお考えの方が増えたからかな。

最後のラッキーは意味分からんけど。

現在リフォーム中の大阪市中央区K様邸も例にもれずで、

吊り戸不要&側面の間仕切りも不要という

オープンタイプにリフォームします。

<BEFORE>

<今日終わり>

(=^・^=) スッカスカ。

 

ま、流行もあるんでしょうが、やっぱりこの形が開放的で良いですよね。

でも考え方の一つには、

キッチン側面はオープンにせずに壁を設ける人もいます。

これは、リビングに通る時にキッチンの流し台が

丸見えになってしまうので、

ちょっと嫌なんですけど~

という人ね。

住まいも十人十色。

いずれにしても希望する形を造り上げていくことは、

どんな現場も面白いよね。

あ。 そうそう。

今日Kさんのお家でね、久しぶりに超ビビった。

小学校4年生ぶりに驚いたね。

何かと言えば・・・・

リフォームしないお部屋をこうやってビニールで間仕切りして

養生してるんですね。 ↓

このビニールの奥にKさんの家財が収まってる。

今日は、Kさんはお留守で僕が鍵を預かってる。

現場で作業中にね、

いきなり・・・・・・・

ブルブルブルブルルルンルルンルルルン~

って聞こえてきたんですよ。

 

えっ?

何?何?何?

何の音?何の音?

なぁなぁなぁ、何の音なんこれ?

としばし、一緒にいた職人さんと驚く。

 

ビニールの向こう側に誰かおる・・・? ( ̄□ ̄;)

ビビりながら・・・・・

ビニール養生の向こうの世界へ・・・・・・

GO! ヽ(;´Д`)ノ

( ´(ェ)`)

 

 

あー

タイマー

切っといてぇ

Kさーん。

(/・ω・)/ 止め方も分からんしー

 

 

ビニールの

向こうの世界で

家具に囲まれて

少しだけ空いている

クローゼット前の

小面積をこれでもかと

いう位に掃除するロボット

小学校4年以来にうけましたよ。(=^・^=)

 

今日も応援のクリックを~~!!!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP