A&Kworks planning 賃貸マンション内装リフォーム

■ 先日少しこのブログでも紹介しましたが、

奈良県で実施していた賃貸マンションの全面リフォームが

完成しました。

リフォームは、スタッフの奥田氏が現場管理を担当していたので

一番の見せ所であるBEFORE/AFTERは、僕のブログでは控えとこ。

かわいそうやし。( *´艸`)

という僕の想いを知ってか知らずか、

先日自身のブログで記事にしていましたが、

自分ではどうもこうも上手に表現できへんみたいで。

Image11

こんな投げやりなセリフを残してるし・・・(-“-)

奥田雅章ブログはこちら。

ぢゃ、ちょっと奥田氏ブログと重複する箇所はありますが

その全貌をご紹介しますね。

まずは、玄関廊下のBEFORE。

写真は、玄関扉を開けてすぐのアングルです。

BEFORE
1

AFTER!
2

マンションって、ほんと内装を一新すれば

新築同様になるので良いよね。

↓ 左に写る鏡は、玄関収納になってます。

3

↓ 元々はこんな感じで、腰までの高さしかない収納だったんですが

これぢゃ靴が数足しか収まらないし、

玄関には鏡があった方が良いしね。

4

 

AFTER

5

 

洗面所BEFORE

6

AFTER!

7

 

浴室BEFORE

9

AFTER!

10

 

トイレBEFORE

11

AFTER!

12

 

主寝室BEFORE

13

AFTER!

14

洗面・トイレ・主寝室共にアクセントクロスが映えてますね。

先日もお伝えしましたが、こちらのリフォームには

カラーコーディネートのプロが入ってます。

A&Kworksさんと言って、こちらの安部さんとは

ブログを通じて数年間のお付き合いなんですよね。

今回のマンションオーナー様も安部さんからのご紹介でした。

A&Kworksさんのブログはこちら!

カラーの力で物件が持つ魅力を最大限に引き上げることを

コンセプトにされてます。

では続いてメインのLDKに!

リビングを入ってすぐのこちらのBEFOREが・・

15

こんな感じになりましたー

16

 

BEFORE

17

AFTER!

18

元々壁付けだったキッチンを対面式へリフォーム。

 

BEFORE

19

AFTER!

20

 

BEFORE

21

AFTER!

22

4.5帖の和室と1帖の押入れがあったんですが、今回のリフォームで

取り壊し間取りを大幅に変更しています。

 

BEFORE

23

AFTER!

24

 

BEFORE

25

AFTER!

26

 

BEFORE

28

AFTER!

29

約2.5帖のウォークインクローゼットは、

このような上段棚板が両サイドにあって、

リビング側からも主寝室側からも入室可能になってます。

めっちゃ使い勝手良いと思いますね。

 

27

リビングの一面に貼ったアクセントクロス。

十人十色の考え方があるかと思いますが、

僕は個人的にはアクセントクロスは大好きです。

クロスぢゃなくてもタイルとかのアクセントもね。

貼る・貼らないでお部屋のイメージが、まるで変わってくるからね。

今回A&Kworksさんがチョイスしたクロスは、

シンコーさんというメーカーなんですが、
(シンコールとも言う)

中々インパクトのある柄が揃っていて、

僕も好きなメーカーさんの一つなんですが、その中で

ローラアシュレイのクロスがあるんですよ。

ローラアシュレイは、インテリアが好きな方はもちろんのこと

興味のない人でも聞いたことはある位に有名どころですよね。

Image3

Image2

Image4

実に恰好良い。

次回のA&Kworksさんとのコラボは、

ぜひローラアシュレイを採用していただきたいですねー

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP