屋根瓦は葺き替えることによって耐震性も向上する

■ 毎日の更新をやめたこのブログですが、

一昨日の記事で、何と・・・・

1500記事目でした~

全く気付かずに、しょうもない記事にしてもたなー

ヽ(´~`; 誰がしょうもないやねん。

1500って、自分で言うのもなんなんなんですが、

結構すごいよねー

これからも頑張ろ。

 

■ ぢゃ本題に。

先日実施していた屋根瓦の葺き替え工事が完了しました。

BEFORE
IMG_9418

AFTER
DSC_0190

屋根を葺き替えるのは、工事代金もそうだけど中々大層な話です。

葺き替える理由の多くは、

老朽化した屋根瓦を一新し今後雨漏りの心配の無いお家にしたい。

というのが、最も多いご意見だと思うんですが

もう一つ葺き替えることによって大きなメリットがあります。

それは、

屋根瓦は葺き替えることによって耐震性も向上する

ってこと。

昔の屋根瓦の多くは、このように下に土を乗せてます。

00000

003

この土ね、30坪のお家で何キロ位の重量がかかっていると思います?

何と、約2トン

ちなみに陶器製の瓦を入れると、

その重量は1坪約200キロ位と計算されますので

30坪でざっくり6トンですね。

6トンの重量がお家にかかってるわけ。

これは、建築関係の人以外でも単純に考えればお分かりのように

頭が重ければ、何でも倒れやすいでしょ?

昔、娘がまだ小さい時は肩車してもフラフラしなかったけど

IMG_5225

小学校3年生になった娘を肩車すれば、若干危ないってこと。

(=^・^=) 最近、娘の小さい時の写真ばっかりやな。

 

人間もお家も同じで、

頭が(屋根が)軽ければ、

倒れる確率が下がるってことです。

なので、最近は軽量瓦などが採用されることが多くなったわけね。

今回実施させていただいたお家も軽量瓦も検討したんですが、

同じ陶器製の瓦を採用しました。

どうしても見栄えが軽量瓦だと似合わない家屋だったんですよね。

 

まずは、現状の瓦を捲り ↓

DSC_0178

 

瓦を捲るとこのようにバラ板と呼ばれる板が、

こんなにも隙間だらけで貼ってます。↓

DSC_0180

ま、これは築年数の古い建物はどこでも同じだけどね。

バラ板の上から合板を貼っていきます。↓

DSC_0182

DSC_0181

 

合板の上から防水シートを貼り ↓

DSC_0187

 

瓦取付用の桟を付けて ↓

DSC_0186

新しい瓦を葺きあげていき、完了です。

こちらのように陶器製の瓦から瓦の葺き替えでも

先に書いたように、土を下ろすことによって約2トン減量する。

代わりに合板を乗せる(貼る)ので、合板が約700キロ位。

なので、1.3トンは屋根の重量が減ったってわけね。

このような事情で、

屋根瓦は葺き替えることによって耐震性も向上する

ということわけね。

工事終了後、またまたまたまたまたまた(=^・^=)

こちらのお客様より・・・

IMG_9794

肩車がしんどくなった娘にと、頂戴しちゃいました。(=^・^=)

ありがとうございまーす。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP