人間だもの

2014年02月01日

カテゴリー: 日々のお仕事

と!

同じ年の上野でーす。 

しかし・・・・・

 

同じ人間か?  

 

 

■ ぢゃ本題に。

今日のブログは、タブーに触れてみたい。

土曜日だし。

曜日は関係あらへん。( ̄Д ̄)ノ
今日、とある方から会社へ僕宛に電話がありました。

Aさんにしておこう。

取り次いだ僕でしたが、Aさん・・・?

誰やったかな・・・・

と、頭を悩ませながら話を始めたんですが、

Aさんから、

『 半年以上前に見積もり依頼して云々カンヌン。 』

と、ようやく思い出したのね。

当時、リフォームの見積もり依頼を頂戴し、確かに僕が現地に行き

見積もり書を発行した。

そして、その後数回の電話やり取りをして、音沙汰が無くなった。

 

僕の会社は、その後どうですか?

という催促する電話は控えていますので、

依頼者から連絡がないということは、リフォームを保留にしたのか。

他社で行ったのか。

そういう風に勝手に思ってます。

 

で、電話の内容はと言うと

実はあの後、他社でリフォームを実施したんですが、

今になってあらゆる部位で不具合が出ています。

依頼した会社に来てもらい、回答をされるのだが

こんなものですの一点張り。

本当に、こういう収まりで正解なのか、

専門的なことは分からないので

よければ一度見に来てほしい。

と、こういう内容。

 

土曜日だし、言っちゃうかぁ

僕には関係の無い話。

僕はボランティア団体の代表者ぢゃないしね。

 

でも・・・

もし、

もしね。

当時、リフォームに関して見積もりを発行し

質疑応答を繰り返し行ったけど、最後は他社で決めました。

色々とありがとう。ごめんね。

この一言があれば、見に行ったかもしれない。

これは勘違いしてほしくないんだけど、

別に、ご丁寧な言葉をほしいわけぢゃない。

他社で行う・リフォームを見送る。

判断されるのは、ユーザーです。

いちいちそれを報告する義務はユーザーには無いと思う。

でもね・・・

僕たち業者だって、どこを切っても赤い血が流れる人間ですよ。

気持ちだって持ってる。

一言お断りのご連絡をいただけるのと、

例え見積もり・提案段階であっても業務として動き

その後音沙汰なし。

どちらが人間として気持ちいいか。

言わずともお分かりで。

十人十色の人間です。

何で見積もりに来てもらって、見積書を発行してもらって

数回質疑応答しただけで、いちいち断る連絡を入れなあかんねん。

そういう考えの人もいますよ。

だから正解なのか、不正解なのか。

それを問うわけではない。

 

実は僕はこの手の依頼を数回受けたことがあるんです。

ある人は、訴訟になってるから証人で法廷へ出てほしい。

こんな依頼もありました。

そして、決まってね、

当時音沙汰なく終わった方が、しばらくぶりに言うセリフは決まってる。

その節はすみませんでした。

てね。

人間どこでどう繋がるか分からない。

どこで会うかも分からない。

もし、僕が逆の立場で断る連絡もせず放置したとして

例えば街中で偶然会えば、

何だか後ろめたい気分になると思うんです。

だから、電話の第一声は謝罪になると思うんですよね。

 

リフォームで相見積を取ることは、

金額・対応・提案を比較検討できる大事なことです。

でもね、依頼した会社へ断ることも大事に考えてほしいよね。

人間同士、気持ちの良いやり取りがしたい。

こう思ってる建築リフォーム会社は多いけど、

言っちゃうと単なる愚痴になる。

だからブログに書くなどとんでもない。

イコールタブーってわけね。

でもこれは僕の本音だから、書いちゃいました~

 

僕だって・・・・

ディカプリオと同じ人間だもの~ ( ̄Д ̄)ノ

良い日曜日を~

今日も応援のクリックをお願いしまーす!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

5 Responses to “人間だもの”

  1. ゆうきと より:

    SECRET: 0
    PASS:
    上野社長
    先日は記事に取り上げていただきありがとうございました。
    工務店の方の対応にしょげておりましたが、頑張れそうです。
    メーカーさんに言うことは言って、再度工務店にも連絡したいと思います。
    アフターメンテナンスもして頂きたいですしね。
    (ずうずうしい…おばちゃんです テヘ(^○^)

  2. ポトス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    言いにくい事、ですが無茶クチャ腹立たしい事ですね。商売ってそういうイヤな事が付き物デスね。耐久消費財を売る当方でも、呼ばれて家に伺い、修理が無理だと伝えて、新製品の値段を見積もり、しばらく連絡を待つ。3日ほどたち、返事が無いのでお困りではと、再度伺うと、新しいのをもう買ったと平気で言われる事が。
    何で呼んだん?
    バカにしてんの?
    とか思えて、人間不信になる事もあります。そんな時は、【士農工商】を思いだします。古い話ですが、結局商売人って一番身分が低いんだなと、一段低いなら、ガマンしなければならないデスから(≧∇≦)そう自分に言い聞かせて丁度良いぐらいよ(^^;;
    武士は特別階級、農業は米作り、工業は職人、商売は有るものを値段を付けて売るだけで特に資格要りませんでしょ。社長さん資格お持ち?
    勿論、上野社長は異論が有るとは思うけど、それぐらいに思ってないと辛いですもの~_~; 私は辛いわ~。
    それと、人にもそれぞれの事情があり、フトコロと相談したのだなと、許してあげましょう(*^_^*) また、決定打を打てなかった売る側にも、一因あるしヽ(´o`;ね
    更に言えば、いい印象与えたのかもわからんし、仕事出来ても、イヤな人おるし。何か、欠けてたカモと思う事出来れば、次はパーフェクトに受注出来ることでしょう(((o(*゚▽゚*)o)))
    余計に腹が立ったらごめんなさいm(_ _)m

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ポトスさん
    ええ話しやん。(^ν^)
    でも僕は受注できないこと、返事がないことには、何も感じないですよ。
    何も音沙汰無しの人が、何故簡単に他社のクレームや愚痴を僕に言えるかな~。
    そういうこと。
    受注できなかった原因を追求し、次に繋げる。良いことですね。(^ν^)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆうきとさん
    何も図々しいことはないと思いますよ。
    お金を出したユーザーの当たり前の権利です。
    誠意ある対応をしてほしいだけなのにね。(^ν^)

  5. ポトス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    有るんよ、それがウチも。また、困った時には、その人から電話が…~_~;
    結局、困ったら、とりあえず無料で直ぐ来てくれるのという信用があるらしい。その人はそこを信頼して電話するのウチにね。
    でも、買う時はよ~く考えてからという事でしょうねヽ(´o`; あっ、ウチの話です。
    もう、本気で相手にしたく無いので、出張費掛かりますけど宜しいかと、丁寧に(^^;;
    でも、上野社長の場合はお客も殆ど信頼を置いてるんだけど、自分の中の社長に対する信用度が振りきらなかったためじゃないかなと思う。それで、事が起きた時には、他より信頼出来る方に間違い無いので、謝ってでも(ここが客の勝手なとこ)すがって来るんだね。
    お客さんも失敗を経験して、賢くなるのよね(*^_^*)

PAGE TOP